便利技 他人事Tips

iPhoneのメール署名をアカウントごとに使い分ける

文●今淳一

最近はiPhoneからビジネスメールを送信する機会も増えてきたと思います。そんなときに便利なのが、署名の使い分けです。メールアカウントごとに署名を使い分けると、連絡がとてもスムースになります。

iPhoneから送るメールの署名は、デフォルトで「iPhoneから送信」になっています。iPhoneで返事をしたんだな、とわかる一方で、ビジネスメールの場合などは、署名が付いていないと困ることがあります。

iPhoneのメールは、設定によってメールアカウントごとに署名を切り替えることができます。早速見ていきましょう。



「設定」アプリを起動し、[メール]を選択しましょう。設定の一番下の方に[署名]があるのでこれをタップ。その後、署名を[アカウントごと]に切り替えれば、個別に署名を設定できます。メールから署名を拾ってくるなり、ユニバーサルクリップボードを使うなりすると楽に設定できるでしょう。



実際のメール画面です。設定した署名が付いている事が確認できます。メールアカウントの用途ごとに署名を使い分けると、連絡がスムースになるはずです。



おすすめの記事一覧