レクチャー ソフトのチカラ

Macでマルチディスプレイ環境を手軽に実現したい

文●早川厚志

Mac標準でできないことをシャキッと解決!

 

マルチディスプレイ環境を手軽に実現したい

duet で解決!

 

  • 38fb1ea528d906f6d60f6aa86538e5a5.jpg

afd521591cf6f4cd5d94537d817dab77.jpg

duet(Macソフト)

【開発】Duet, Inc.
【価格】無料
【場所】https://www.duetdisplay.com/?

9aa908e6a83ca4498083ac261630fe9c.jpg

Duet Display(iOSアプリ)

【開発】Duet, Inc.
【価格】1200円
【場所】App Store>仕事効率化

 

iPadを「2台目」に

1台のMacで複数のディスプレイを使う「マルチディスプレイ環境」は、複数のウインドウを並べたり、ツールパレットなどを置いたりと、デスクトップをより広く使えて便利です。とはいえ、ディスプレイをもう1台追加するにはそれなりの出費と置き場所が必要…。

そこで、iPadを所有している人におすすめなのが「デュエット(duet)」です。Mac上で同ソフトを起動後、ケーブル接続したiPad上でiOSアプリ「デュエットディスプレイ(Duet Display)」を起動すると、iPadの画面をMacのサブディスプレイとして利用できます。似たようなツールはほかにもありますが、本ソフトは遅延がほとんどなく、とてもスムースに動作するのが特長です。iPadを縦向きに置いても使えるほか、メイン画面と同じ内容を表示する「ミラーリング」にも対応しています。

また、iPadの画面解像度やフレームレート、画質を調整したり、iPadの画面下部にタッチバー(Touch Bar)を表示したりも可能です。ただし、iPadのバッテリの減り方がとても早くなるので、その点は注意しましょう。アプリ内課金で、Wi−Fi経由でのワイヤレス接続に対応するほか、iPad+アップルペンシルで液晶ペンタブレット代わりに使うことも可能になります。

 

iPadにTouch Barを表示

  • 1e48ddc06bb9ca46f1148f9db2beefe7.jpg

接続後、メニューバーのアイコンから[iPad Touch Bar]を[ON]にすると、iPad画面の下部にTouch Barを表示できます。Touch Barを備えていないMacでも有効です。

 

ミラーリングに切り替え可能

  • 2d627a0f77b34ee522146d6cfbd76da5.jpg

詳細設定ウインドウの[画面を複製する]にチェックを入れると、Macの画面をそのままiPadに表示するミラーリングモードに切り替わります。

 

解像度やフレームレートを自在に変更

  • 6d55107fef45c9ac38d889df90f98e72.jpg
  • 886418cc8d47efd776d1899bd250ed74.jpg

メニューバーのアイコンをクリックして開くポップアップウインドウの左下にある[詳細な設定]をクリック。すると、iPad側の解像度、フレームレート、画質などを自在に変更できます。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧