MY FOCUS

“ARオーディオ”が音で現実を拡張する「Bose Frames」

文●らいら

Creation & Innovation ヒト・モノ・コト

聴くARサングラス誕生

これはサングラスか、それともワイヤレスイヤフォンか?“ARオーディオ”とは何なのか? Boseの新製品「フレームズ(Frames)」を目にした人は、いくつもの疑問が浮かぶだろう。しかし、全容を知ると、けっして技術先行の突飛な製品ではなく、生活の中で機能する製品だと納得する。

デザインはいたってベーシックなサングラスだ。レンズの形状はラウンド型とスクエア型の2モデルがあり、紫外線を99%カットする。アーム部分にはスピーカを内蔵し、音楽再生や通話機能などを搭載。従来のイヤフォンと同様の使い方ができる。

フレームズではさらに、音をインターフェイスにさまざまな情報を取得できる。従来のARグラスは文字や映像をディスプレイに表示するものが多いが、フレームズはAR用のディスプレイを搭載しない。その代わり、製品に搭載されたセンサと接続端末のGPSで収集する情報を組み合わせ、ユーザに周辺情報などを音声で提供する。つまり、視覚ではなく聴覚で現実を拡張(AR)するのが、BoseのARオーディオ技術なのだ。将来はフレームズをかけて街を歩くと、目にしたレストランの情報が音声で伝えられたり、頭の動きに合わせたより正確なルート案内ができるようになるかもしれない。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録