Mac Fan 2017年12月号

次の号

前の号

  • バックナンバー一覧

iPhone XとmacOS High Sierraのすべてがわかる!

2017年10月28日発売
本誌:1,080円(税込) / PDF版:960円(税込)

  • 本誌を購入する
  • PDFで購入する
  • 定期購読
他のサイトで本誌の購入
他のサイトで電子版の購入
  • amazon
  • MAGASTORE
  • Fujisan.co.jp
  • 雑誌オンライン+BOOKS
  • GooglePlay

デジタル版Mac Fanについてはこちらから

こちらでも読めます(読み放題サービス)
  • ビューン

読み放題サービスについてはこちらから

目次

260ページの大ボリューム! iPhoneでAR、iOS 11の困った解決等、特集5本立て!


●巻頭特集
拡張現実の世界がやって来た
【iPhoneで今すぐ「AR」!!】


実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示することで現実を拡張する「AR」。最新のiOS 11がAR機能に正式に対応したことで、iPhoneそしてiPadは世界最大のARプラットフォームとなり、拡張現実の世界がついに本格化しそうです。実際にもうたくさん対応アプリは登場しています。でも、ARってそもそも何?という人も多いはず。AppleがなぜARに取り組むのか、ARが動く仕組みはどうなのかを知って、さぁ拡張現実の世界へ飛び込みましょう。


●第1特集
iPhone 8/8 Plusや旧モデルと買い換えユーザ目線で徹底比較!
【iPhone X完全理解】


11月3日に発売となる“未来型のスマートフォン”、iPhone X。久々の大型アップグレードだけに、買い替えを検討している人も多いはず。しかし一方で、iPhone 8/8 Plusという魅力的な選択肢もあります。では、iPhone Xを購入するメリットは具体的にどこにあるのでしょうか? iPhone XとiPhone 8シリーズだけでなく、旧モデルとも比較し、買い替えユーザ目線でポイントごとに解説します。iPhone Xがベストな選択肢なのか、しっかりと見極めましょう。


●第2特集
最新OSの使いこなし方を徹底的に教えます!
【macOS High Sierra まるわかりガイド】


9月26日にリリースされたMacの新しいOS「macOS High Sierra」。今回のアップグレードでは、Appleが開発した新しいファイルフォーマット「APFS」への変更が行われたほか、さまざまな新機能が搭載され、私たちのユーザビリティを底上げしてくれています。そんな新OSの恩恵を授かるために、この特集を読んで、High Sierraをまるっと最奥まで理解していきましょう。

ー第2特集連動 特別付録1
絶対に押さえておきたいMacの設定のツボを厳選!
【システム環境設定攻略ガイド】

ー第2特集連動 特別付録2
壁紙やスクリーンセーバ、フォントを変えてみよう!
【High Sierraカスタマイズガイド】


●第3特集
仮想化ソフト & Boot Campの最新事情をまとめました!
【High SierraでWindows 10スタートマニュアル】


Macでは、macOSだけでなく、Windowsも動かすことができます。そこで本特集では、 Windowsの最新バージョンである「10」をMacに導入し、macOS High Sierraと同居できる環境構築の方法を、仮想化ソフトとBoot Campの両面から解説します。


●第4特集
iPhoneとiPadをもっと便利に使いこなそう!
【iOS 11の「困った!」解決スペシャル】


最新のiOS 11をすでにiPhoneやiPadにインストールして使っている人も多いのでは? 新しい機能が追加されていたり、ユーザインターフェイスが変わっていたり、確かに「すごくいい!」アップデートだけど、使っていて「あれ?」って首を傾げてしまう困り事もあるはず。臭い物に蓋をするみたいにそうした問題はスルーするのではなく、しっかりと解決していきましょう。皆さんが悩んでいるiOS 11の「困った!」とiOS 11を便利に使いこなす技をお伝えします。


●Mac Fan BASIC
【Mac標準ユーティリティソフト】の基本・応用・実践

●ニュース
【TOPクリエイターに聞いたVRコンテンツ制作の最前線】
【iPhoneを置くだけ充電! ワイヤレス充電の正しい知識】
【コミュニケーションの達人が語る今のiPhoneに足りないものとは?】
【Appleがひそかに行っている「オープンソース」活動のすごみ】
【Apple Watch Series 3、iPhoneなしでどれだけ使える?】
【High Sierraに含まれるコードは「次世代Mac」の予言か?】
【老舗アクセサリメーカーが重視し続けてきたもの】

ページトップへ