Loading...

クレジットカード・スマホ決済・電子マネーの総合情報サイト

将来もらえる年金はいくら?
自分の年金情報を 確認しておく

ねんきん定期便で年金額を確認する


 自分が受け取れる年金の見込額や加入状況は、毎年の誕生月に日本年金機構から送付される「ねんきん定期便」と「ねんきんネット」で調べることができます。年金は老後の生活を支える重要な収入源であり、受け取る金額によって老後の生活設計が変わってきますので、「ねんきん定期便」が届いたら必ず加入状況と将来の受給見込み額を確認しておきましょう。

 「ねんきん定期便」にはハガキ版と封書版があります。通常はハガキ版が、毎年誕生月(1日生まれの人は前月)に日本年金機構より送付されます。今までの年金加入記録が記載されていますので、漏れや間違いがないかを必ずチェックしましょう。 50歳以上の場合は「老齢年金の見込額」が記載されています。これは、現在の状態のまま60歳まで納付したと仮定した金額です。

 

加入履歴を必ずチェックする


 35歳、45歳、59歳の節目の月には、封書版が送付されます。ハガキ版より詳しい情報が記載されていますので、転勤や転職、姓が変わったなどがあった場合は、特に注意して確認しましょう。妻の結婚前の加入記録などは重要確認ポイントです。

 もし漏れや誤りがあった場合は、封書版なら同封の「年金加入記録回答票」に記入して返送、ハガキ版なら記載されている連絡先へ問い合わせましょう。




 

さらに便利なねんきんネット


 「ねんきんネット」は、24時間いつでもどこでもパソコンやスマホから自分の年金情報を確認することができるインターネットサービスです。

 サイトへアクセスすれば、「年金情報の確認」「将来の年金見込額」「電子版ねんきん定期便の閲覧」「日本年金機構から郵送された各種通知の確認」などが利用できます。

 ねんきん定期便では年に1回、誕生月しか年金記録の確認ができませんが、ねんきんネットでは常に最新の加入状況が確認できます。また、日本年金機構へ提出する一部の届書をパソコンで作成・印刷することもできます。



 

定年間近でも間に合う年金を増やす方法


 定年間近からでも年金を増やす方法があります。その方法の1つが、年金の繰り下げ受給です。

 年金の受け取りは原則として65歳からですが、希望すれば受け取り開始を繰り下げることができます。受給開始を繰り下げた場合、1カ月ごとに年金が0・7%増えます。70歳まで繰り下げることができるので、5年(60カ月)で42%も増やすことが可能です。

 逆に受給開始を繰り上げ、60歳から受け取ることもできますが、繰り上げ受給した場合は1カ月ごとに年金が0・5%減ることになります。早くから年金がもらえるとはいえ、繰り上げした場合は減額された額が一生続きますので、慎重に検討する必要があります。