Loading...

クレジットカード・スマホ決済・電子マネーの総合情報サイト

【CARD CATALOG 01】年会費無料のカードを選ぶ

 年会費が無料でも、同時に何枚も作るとなると大変だ。選ぶときは、自分がよく買い物する場所やサイト、傾向や利用サービスを軸に、還元率・付帯サービスなどを比較検討してみるといいだろう。

 年会費無料のカードを選ぶポイントは、①入会特典、②還元率、③セキュリティをチェックしておきたい。

 入会特典は、入会キャンペーンなどにより変わるが、入会ポイント+期限内に使用したポイントなどが加算され、後ほどポイントが付与される。カード会社によって、5,000~1万ポイントと幅はあるので必ずチェックしておこう。

 決済時の還元率は、初回利用時のポイントアップや、提携サイトで購入するとアップするなど、こちらも加算タイプが多い。基本還元率が低くても増える条件などはチェックしておきたい。

 最後にセキュリティ面。最近のクレジットカードのトレンドに、カード番号が表面に記載されない「ナンバーレス」と、カードを発行せずスマホ内で使用する「カードレス」がある。新しいカードを選ぶときの条件としてもいいだろう。

【コラム】年会費有料のカードも一定の条件達成で年会費無料に!

 ホームページなどで年会費無料のカードを探すとき、条件として入れておきたいのが、初年度無料と条件により次年度無料というキーワードだ。

 実は年会費数千円のカードでも、年間の利用金額を満たせば、入会年、もしくは翌年の年会費が無料になることもある。主な条件は、年間ショッピング額50万円以上や、年1回以上の利用など。

 年会費無料カードとの差は、補償や保険などの付帯サービス。初年度有料でも付帯サービスを利用する可能性があるならば、選択肢に入れておきたい条件となるだろう。

/files/user/202205121749_11.png

関連記事