将棋情報局

28062_ext_06_0.jpg

購入形態

書籍
1,694円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
書籍 読みもの

羽生世代の衝撃 ―対局日誌傑作選―

発売日:2014-08-26

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:224ページ

ISBN:978-4-8399-5140-5

「中村修と羽生善治の対局の有様は、今でもよく覚えている。
それは終った後に、となりで指していた中原が、帰りがけに『谷川名人も長くないな』と言ったからである」(あとがきより)

1985年12月18日、羽生善治四段昇段。

天才少年はデビュー1戦目を△4五銀の妙手で飾り、それからも好手、妙手を連発し8割近い勝率で勝ち続けた。

そして驚くべきは天才少年は一人ではなかったこと。佐藤康光、森内俊之が立て続けにプロ棋界に参戦し、こちらも鮮烈なデビューを飾る。
さらに「寄せは村山に聞け」とその名を轟かせた、西の天才・村山聖。
先崎学、丸山忠久、郷田真隆・・・。のちに「羽生世代」と呼ばれる若者たちが一つの群れとなって将棋界を席巻したのがこの時代である。

新四段が次々に棋戦優勝を果たし、タイトル挑戦を決める。順位戦を駆け上がっていく。
それまで将棋界で暮らしてきた者たちにとって、彼らの暴力的な強さ、その衝撃はいかほどのものだったか。

本書ではその疾風の有様を将棋界内部から捉え続けた河口俊彦七段の連載「対局日誌」で振り返るものである。

今なお続く「羽生世代の衝撃」。将棋界にとって空前にして絶後であろう奇跡の世代の原点がここにある。

著者プロフィール

  • 河口俊彦

    河口俊彦(かわぐち・としひこ)
    1936年11月23日生まれ。神奈川県横須賀市出身。
    1951年6級で(故)小堀清一九段門。
    1966年10月四段。
    2000年4月七段。
    2002年3月、現役引退。
    将棋大賞は2004年度、東京記者会賞。
    順位戦ではC級1組に19期在籍。
    現役棋士時代から将棋観戦記やエッセイなどの著述活動で知られる。
    「将棋マガジン」誌に連載された「対局日誌」シリーズで注目され、以来対局に臨む棋士の心理を描き続ける。現在は「NHK将棋講座」での連載コラムなどで健筆を振るう。
    著書は「盤上の人生 盤外の勝負」「升田幸三の孤独」「最後の握手」(マイナビ)「新・対局日誌1~8」(河出書房新社)、「大山康晴の晩節」(飛鳥新社)、「一局の将棋一回の人生」(新潮社)、「覇者の一手」(日本放送出版協会)など多数。

販売元:マイナビ出版
商品についてのお問い合わせ先:
https://book.mynavi.jp/inquiry_list/

発送について:
原則として3日~5日程度で発送いたします。
※先行販売などのキャンペーンの場合はこの限りではありません。

新着商品!

商品一覧へ