将棋情報局

マイナビ将棋書籍をタダで手に入れる方法 ~10月のアンケート結果発表~

こんにちは。明後日のトライボーディアン日本選手権に向けて準備に余念がない編集部の島田です。当日参加、見学も受け付けてますのでみなさんぜひお越しください。

さて、気がつけば霜月。もう忘年会シーズンです(フライング気味)。
というわけで毎月恒例のアンケート結果の発表をしたいと思います。

早速「こんな本が出たら読みたい!という本は?」からいってみましょう。今回私的に気になったのは以下の企画です。
 
(1)雁木の本
(2)将棋ソフトトーナメントの対局をプロ棋士が解説した本
(3)相振り飛車名局集
(4)入玉に関する本
(5)藤井聡太本

(1)は雁木の本。もはやこのコーナーの定番です。雁木本については私島田、みなさんに謝罪しなければなりません。先日新人王戦2連覇を達成した増田先生に満を持して雁木本執筆をお願いしたのですが、「まだ自分自身手探りの状態なので」ということで、執筆は見送りとなってしまいました。・・・無念です。バナナの涙です。確かに雁木は現在進行形で定跡が進化してますから書籍としてまとめるにはまだ早いのかもしれません。ただ、いま流行しているツノ銀雁木の基本的な考え方や仕掛けについては、他の方に執筆をお願いしてみようと思います。増田先生、またいつか執筆してください。宜しくお願いいたします(懇願)。

(2)は将棋ソフトトーナメントの対局をプロ棋士が解説した本。これは新しいですね。お隣の囲碁書籍チームでもアルファ碁の棋譜解説本が大変好評だと聞いています。ならば将棋でも同じようなことができるかもしれません。第5回電王戦トーナメントももうすぐですし。検討します。

(3)は相振り飛車名局集。以前にツイッターで戦型別名局集で次に出してほしい戦法は?というアンケートを取ったところ、とても多かったのがこの相振り飛車名局集。みなさん、喜んでください!相振り飛車名局集、やることに決まりました!かなり先になってしまうと思いますが、いつか出ます。ちなみに次に出る戦型別名局集は「角換わり名局集」です。解説は、そうです、光速のあの先生です。

(4)は入玉に関する本。このアンケートで編集部で考えている以上にご要望の多かった本で書籍化を検討していたのですが・・・、みなさん、喜んでください!入玉本、やることに決まりました!著者は粘りの棋風で知られる杉本昌隆七段です。「相中飛車徹底ガイド」が発売したばかりで、かつご多忙極まりないところお引き受けいただきました。杉本先生ありがとうございます!入玉の考え方、入玉の手筋、入玉を防ぐ手筋、さらには中段玉での戦い方(これが大事らしいです)について解説していただく予定です。今までになかった将棋戦術書になりそうです。
 今回の入玉本はこのアンケートから生まれた初めての書籍といっていいかもしれません。この本が売れたらアンケートをもっと重要視します(笑)。


(5)は藤井聡太本。この流れでまさか?と思っているかもしれませんが、みなさん!喜んでください!「藤井聡太全局集 平成28・29年版」を出すことになりました!!(パチパチパチパチ) 29連勝はもちろん、藤井聡太四段の全対局をプロの解説付きで収録します。藤井四段の将棋は見ていて面白いですし、寄せの感覚はこれまでにない独特なものがあります。これは全将棋ファン必見の一冊。この調子で向こう30年位出していきたいと思ってます(笑)。


書籍企画については以上です。みなさん、たくさんの貴重なご意見ありがとうございました。


さて、続いては恒例の好きな棋士ランキングいってみましょう。

まずは男性棋士から。

1位 羽生善治
2位 藤井猛
3位 藤井聡太
4位 豊島将之
5位 永瀬拓矢


1位の羽生先生は永世七冠達成なるのか注目です。4位に豊島先生が入りました。今期えげつないほど勝ちまくっています。もともと持っていたパワーがついに爆発した感じです。5位にランクインしたのは永瀬先生。恥ずかしながら私、つい最近「軍曹女子」という言葉があるのを知りました。軍曹というのは永瀬先生のニックネームで、軍曹女子は簡単に言えば永瀬先生が好きな女性のファン、ということですね。そして、永瀬先生といえば現在「全戦型対応!永瀬流負けない将棋」が絶賛予約受付中です!前著は振り飛車だけでしたが、今回は居飛車も含めてすべての戦型における永瀬流が堪能できます。


続いて女流棋士いってみましょう。

1位 里見香奈
2位 藤田綾
3位 室谷由紀
4位 香川愛生
5位 加藤桃子

女流棋戦といえばマイナビ女子オープン。先日アマチュアの小野ゆかりさんが2位の藤田先生に勝ってました。小野さんがどこまでいくのか注目したいです。また、1位の里見香奈先生と里見咲紀先生が次戦でそれぞれ勝つと、ついに姉妹対決が実現します。こちらも注目です。


さて、最後は今回の特別質問「ここ3カ月くらいで最も印象に残ったプロの将棋は?」の結果を見てみましょう。

多かったのは「羽生-中村の王座戦第1局」「羽生-菅井の王位戦第5局」「藤井聡-佐々木大の叡王戦」「森内-藤井聡のNHK杯戦」でした。

さすが皆さんお目が高い。いい将棋ばかりです。全体的にタイトル戦と藤井四段の対局が多かったです。


10月のアンケート結果発表は以上です。みなさん、今回もたくさんのご応募ありがとうございました。書籍が当選された5名の方にはこれからお送りしますので、ドキドキしながらお待ち下さい。


と、いうわけで11月のアンケートはもう始まっています!

今回は質問項目をぐぐっと減らしてみました。そして特別質問として「こんなものがあったら買いたい!という将棋グッズは?」という項目を入れさせていただきました。

実は先ほど告知させていただいた「全戦型対応!永瀬流負けない将棋」では予約特典として「負けない将棋お守り」というグッズを全員に差し上げる、という試みを行っています。こちらが今のところ好評をいただいておりまして、これに気を良くした編集部では本当に将棋グッズを作ったら売れるんじゃないか、と考え始めています。

「負けない将棋お守り」は私がほしいと思って考えたものですが、みなさんもこんなのがあったら絶対買っちゃう!というものがあれば教えていただければ幸いです。

では、今月もたくさんのご応募お待ちしております。宜しくお願いいたします。



→早速11月のアンケートに答える!

 
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者