将棋情報局

詰みの定跡 (4)

終盤の基本定跡を覚えることが実戦の終盤での閃きにつながる。
最も効率よく手筋を覚えてもらおうというのが本連載の趣旨である。いろいろな手筋をパターンに分け、それぞれ基本問題と応用問題を掲載している。初心者から有段者まで、終盤力をつけて勝率アップしたい方は必読だ。

詰みの定跡7 飛角香の利きを通せ  ――飛角香の活用

【第1問】









【第1問 正解図は▲3三角成まで】

邪魔駒を捨てて利きを通す

正解=▲3三角成
味方の駒が邪魔をして、飛角香の利きがふさがっている場合がある。▲3三角成と捨てることにより、2五香の利きが通る。△3三同歩に▲2二金までの詰み。初手▲2一金は△同玉なら▲1三角成だが、△1二玉で失敗。
 
【第2問】







 

【第2問 正解図は▲2二金まで】

駒を移動させて利きを通す

正解=▲2二金
相手の駒を移動させることにより、味方の飛角香の利きを通す手筋もある。問題図で直ちに▲2四桂は△1一玉で詰まない。▲2二金△同金としておけば、飛の利きが通ったので、▲2四桂(参考図)までの詰みとなる。
 
【第2問 参考図は▲2四桂まで】
 

詰みの定跡8 龍と玉を接近させろ  ――飛の活用①

【第3問】









【第3問 正解図は▲3三龍まで】

龍と玉を接近させろ

正解=▲3三龍
最も攻撃力の高い龍を玉に近づけると、さまざまな寄り筋が生じる。図以下は△3二歩▲4二金△2一玉▲3二金△1二玉▲2二金までの詰み。手順中、▲4二金から端に追い詰めるのがポイントで、▲2二金では失敗。
 

【第4問】







 

【第4問 正解図は▲2二金まで】

 

玉のほうを近づける

正解=▲2二金
本問は前問の応用。問題図で直ちに▲4二飛成とするのは、2二に合駒されて続かない。ここは▲2二金と打ち捨てて、玉を呼び込むのが正解。図以下は△同玉に▲4二飛成△3二歩▲3四桂(参考図)で詰み筋に入る。

【第4問 参考図は▲3四桂まで】
 

将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者