将棋情報局

終盤の定跡

詰みの定跡 (3)

終盤の基本定跡を覚えることが実戦の終盤での閃きにつながる。
この連載では、いろいろな手筋をパターンに分け、それぞれ基本問題と応用問題を掲載している。初心者から有段者まで、終盤力をつけて勝率アップしたい方は必読だ。

詰みの定跡5 離れたところから吊るし桂  ――桂の活用

【第1問】









【第1問 正解図は▲3三桂不成まで】

成らずで一手詰め

正解=▲3三桂不成
桂馬は変わった動きをする駒で、敵玉に接することなく詰ますことができる。正解図はその好例で三枚の桂馬によって玉が詰んでいる。2四桂が1二と3二を、3四桂が2二の地点を封じているのを確認してほしい。
 
【第2問】







 

【第2問 正解図は▲2三桂不成まで】

駒を取らない攻め

正解=▲2三桂不成
▲2三桂不成の王手が正解。△同角▲2一と△1二玉に▲2四桂(参考図)と打って詰み上がる。問題図で▲2三桂打は△同角▲同桂不成△1二玉▲1一桂成△2三玉と逃げられてしまう。
 
【第2問 参考図は△1三玉まで】
 

詰みの定跡6 飛角香は離して打て  ――飛角香の活用

【第3問】









【第3問 正解図は▲3三角まで】

成るための離し角

正解=▲3三角
飛車が龍になり、角が馬になると威力が倍増する。従って、飛車や角は龍や馬にすることを狙って離して打つのが基本。図以下は△2一玉に▲2二角成または▲2二銀成で詰みとなる。問題図で▲2二角は△2一玉で失敗。
 

【第4問】







 

【第4問 正解図は▲1四飛まで】

 

二枚飛車の連携

正解=▲1四飛
本問も大駒を離して打つのが正解。図以下は△2二玉に▲1三飛行成で詰み。問題図で▲1三飛打は△2二玉と逃げられ、以下▲2三飛右成△1一玉▲2一龍△同玉▲3二銀と迫っても、△1一玉(参考図)で詰まない。

【第4問 参考図は△1一玉まで】
 

『終盤の定跡』の記事一覧はこちら


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者