将棋情報局

先日のニコニコ生放送と振り飛車本増刷決定ご報告

『令和3年版 将棋年鑑 2021』予約受付中! トレカ、小冊子、動画など限定特典満載


秋以降に出した振り飛車本が非常に好調です。
皆様ありがとうございます。
今回増刷が決定した4冊を簡単に紹介します。


角交換四間飛車 最新ガイド
こちらは「角交換四間飛車 徹底ガイド」の続編です。
門倉先生の分かりやすく勝ちやすい解説に加え、
戦法自体がまだまだ発展途上であることも魅力の一つだと思います。


久保の中飛車
これぞまさに、ゴキゲン中飛車定跡書の決定版。
あとがきの「自分にとって、ゴキゲン中飛車はまだまだ頼りになるパートナーであり続けると思う」という言葉は、全ゴキ中党の心の支えになりますね。


菅井ノート 実戦編
振り飛車党のバイブル的存在である「菅井ノート 後手編」「菅井ノート 先手編」。
この2冊で解説した将棋も多く収録されており、
まさに「生きた教材」(まえがきより)といえる1冊です。


杉本流相振りのセンス
「定跡から外れても、乱戦になっても『相振り感覚』があれば、道に迷わない。」(まえがきより)
相振り飛車を指しこなすための「センス」と最新形の変化が、
この1冊にぎっちり詰まっています。


話は変わって、次は「最強最速の将棋」の話です。



金曜日にニコニコ生放送で行われた、
斎藤五段の「最強最速実戦講座」はご視聴いただけましたでしょうか。
内容は盛りだくさんだったためここでは紹介できませんが、
最後に先生が熱い言葉で本の紹介をしてくださいましたので、
その一部をご覧ください。


このタイトルにも意味はありまして、今最強最速と思うほど、僕もバカではないですから、
もちろんこれは、「将来獲るぞ、最強最速獲るぞ」ということです。
これを糧にして、自分を強くしようという意味も込めています。
内容ですが、アマチュア5級くらいの方からでも楽しめる一冊になっています。
詰みの詳しい解説を入れたのがちょっと自慢なんです。
「以下詰み」とよくあると思います。
でも「以下詰みってどうやって?」となると思うので、そこをしっかりサポートしました。
そうはいっても、序盤の研究はプロレベルと言っていいほどの内容になっています。
いろいろな方が楽しめる一冊になっていると自負しております。
手に取っていただけるだけでもありがたいと思っているので、よろしくお願いします。


SUPER自戦記シリーズは、
いずれも著者の先生のこだわりが、存分に盛り込まれています。
既に発売している他の3冊と併せて、ぜひ書店で手に取ってみてください。

『令和3年版 将棋年鑑 2021』予約受付中! トレカ、小冊子、動画など限定特典満載
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者