将棋情報局

最新号の裏話@9月9日号

 こんにちは。週刊将棋の浅井です。
 
 9月9日号は注目の将棋が目白押しです。トップはタイトル戦初登場となった佐藤天彦八段が羽生善治王座に挑戦した王座戦第1局。横歩取りの熱戦になりましたが最後は羽生王座が貫禄の勝利。私は渡部記者に同行してタイトル戦初取材に行ってきました。控室には中原誠名誉王座や渡辺明棋王など豪華な面々が訪れ、検討していました。中原名誉王座に伺った話を取材メモで取り上げたのでご覧ください。
 さらに22~24面は竜王戦挑決第2局です。こちらは永瀬拓矢六段が渡辺明棋王に勝ち成績をタイにしました。第3局は大注目!ちなみに2人とも王座戦の控室を訪れていました。流石に同じ盤で検討はしていなかったです。
 A級順位戦では屋敷伸之九段が最近愛用の矢倉急戦で広瀬章人八段を破りました。
 他にもB級2組や稲葉アマが活躍中の加古川青流戦、女流王座戦本戦準決勝、角換わりの最新事情・後編、藤森哲也四段の自戦記など盛りだくさん。詳しくはこちら
 
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。