将棋情報局

第3回 戸辺流「振り飛車4→3戦法」特別公開!!

『令和3年版 将棋年鑑 2021』予約受付中! トレカ、小冊子、動画など限定特典満載

◇相振り飛車について
 第5章では先手番のときに4→3戦法を指したらどうなるかということについて考え、解説させていただく。先手番で4→3戦法を指すと後手番のときより一手得なのは前にも少し触れた。だからと言ってそれが優勢とか、勝ちには直結するわけではないが、一手多く指せるのは事実であり、振り飛車に有利に働くことは間違いない。

 そこで先手では▲6八飛と振った瞬間に、後手が相振り飛車を目指してきたときの指し方を解説することにする。

 相振り飛車は△3五歩型(第1図)と、

第3回第1図
△4二飛型(第2図)の主に2パターン。

第3回第2図

三間飛車と四間飛車はどちらも人気の作戦であるから、相振り飛車でも出現する可能性は高いと思う。普通の相振り飛車に比べ、角道が通っている変則的な相振り飛車は、まだまだ未開拓な部分が多い。本書と全く同じ進行にならない場合でも、似た形や似た筋は案外出やすいのなので、道しるべとして知っているだけで自信になると思う。

 三間飛車の構えから▲6六銀(第3図)と繰り出す形は、私の愛用する指し方。

第3回第3図
 拙著「戸辺流相振りなんでも三間飛車」でも出てきた指し方が、今回も形を変えて活躍する。矢倉に対しては理想形の布陣から▲6五歩(第4図)と仕掛ける。

第3回第4図
 こちらも攻め筋に一工夫があり、ぜひ覚えてもらいたい。

――――――――――――――――――――――――――――――――

過去の紹介はこちら
第1回第2回

(次回は3月1日の予定)

『令和3年版 将棋年鑑 2021』予約受付中! トレカ、小冊子、動画など限定特典満載
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者