斎田―和田戦を「居飛車穴熊の教科書」と「激指13」で振り返ってみた|将棋情報局

将棋情報局

斎田―和田戦を「居飛車穴熊の教科書」と「激指13」で振り返ってみた

電子書籍やソフトが大幅割引! 将棋情報局夏祭り開催中

みなさんこんにちは。
関取でいうと、豊真将ファンの編集部島田です。

みなさんご存知でしょうか
昨日、竜王戦に隠れてマイナビ女子オープン本戦ベスト8
▲斎田-△和田戦が行われていたことを。

実績十分の「振り飛車女王」斎田さんに、今年4月に女流3級でデビューした新鋭の和田さんが挑みました。

その将棋がこんな局面になったのです。



先手中飛車に対して居飛車穴熊。互いに駒組みをマックスにするとこんな局面になりますよね。

実はこの局面、先日発売された高橋道雄九段の「居飛車穴熊の教科書」に似た図面があるのです。それがこちら。

この本は居飛車が先手なので、振り飛車の飛車の位置が違いますが、ここで高橋先生が解説しているのは、▲2六角、▲3八飛の形で▲3五歩と仕掛けると、図のように△4四角と上がられて、▲3四歩とすると角がとられちゃうから困るよ、ということです。
なるほど。

で、戻って、▲斎田-△和田戦。



ここで△7五歩は同じように▲6六角があって困ると。これ、解説の阿部光瑠先生もいってました。
そこで和田さんが指したのが△9三角。



なるへそ。角にヒモがつきました。以下、▲6八角△7五歩▲9五歩△7六歩・・・。後手がいい感じに戦端を開いたようで、あとは地獄のように堅い陣形をバックに和田さんが勝ちました。詳しくは週刊将棋をご覧ください。


ふむ。△9三角と一回バックして仕掛ければいいのかと。ほうほう。

しかし先手に他に指す手はなかったのかなと疑問に思った私。

こんなとき、マイナビ社員にはいい方法があります。
そうです。我らが激指先生に聞いてみるのです。

早速「激指13」検討モード。

すると激指推奨の手は△9三角に対して▲9五歩!!まじ!?

愚直、あまりにも愚直な一手。以下△7五歩に対して▲9四歩!!



ここで△8四角は例の▲6六角があるので何やってんだか分からない。
というわけで△7六歩。そしてそこで▲9五角!!



まじか!そんな手が!しかも激指の形勢判断はこれで先手ちょっと有利

 

へー。そうなんだー。将棋にはいろんな手があるんですね、と思った2015年の秋。

マイナビ女子オープン、次は11月13日上田女流三段vs渡部女流初段戦です。
お楽しみに。

 

電子書籍やソフトが大幅割引! 将棋情報局夏祭り開催中
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者