将棋情報局

週刊将棋5月23日号発売!

電子書籍・将棋ソフトが大幅割引! 将棋情報局4周年感謝祭を開催中!

 皆様こんにちは。週刊将棋編集部です。晴れて暑いくらいです。
*
 今週はマイナビ女子オープン第3局が行われました。長谷川さんの角交換振り飛車の突破許さず、上田女王がストレート防衛を果たしました。
 筆者は前日と当日、対局上の陣屋まで行ってきました。初陣屋です。これがあの呼び鈴(呼び太鼓?)か、これがいつも「対局室に向かう写真」の廊下か、などひとしきり感動し、記念撮影や検分などのスケジュールを終えました。
 関係者の会食まで2時間ほど空きがあったため、当日検討控室となる部屋でくつろぎの時間。立会人の屋敷先生が色紙に書いた詰将棋(7手)が解け、問題作成者の前で手順を確認し、「正解です!」とご本人に言ってもらいました。すごく豪華だ。そして一緒に取材に来ていた先輩記者と、週将最弱王決定戦三番勝負を決行。屋敷先生と観戦記の関先生に見守れながら(というかあまりのへぼ将棋に苦笑いをされながら)、1-2で筆者が最弱王となってしまいました。しかもそのうち2局は銀得と角得をしてからの逆転負け。「終盤の加藤」を控室に知らしめた陣屋1日目でした。
 先輩記者に、会食のメニューでもこのブログに載せたら?と言われ一品一品撮っていたのですが、接写がうまくいかなかったため、もれなくピンボケ。両対局者、関係者含めての会食はおいしく楽しく頂きました。 
 屋敷先生の詳しい解説、恒例?タイムテーブル、八代新四段の大盤デビューなど、1~3面でご覧ください!
*

週刊将棋5月23日号

*
 今週号は毎年恒例となりました、順位戦昇級者予想を掲載しています!筆者は初めての参加。初めて参加ということは、まず用意するものがあります。似顔絵です。
 バトルロイヤル風間さんが四コマ「オレたち将棋ん族」の原稿を持ってきてもらったときに、似顔絵イラストを依頼。「今度くるときカメラ持ってくるから、筆者を撮ってそれ見て書く」、と言われました。その時に、アラガキユイで検索してもらえれば出るんでカメラいらないですよ、と言っておいたのに、次の週はカメラをしっかり持って来てくれました。そしてそのまた翌週には、ガッキーとは程遠いイラストを描いてくれました。ちぇっ。
 読者だったときは、記者の意見を見て、自分も予想してみたりと楽しんでいたのですが、記者側になると、こんなに難しい原稿があったものかと、えらい悩みました。過去の対戦成績などでデータ分析し、考えに考え抜き、「このクラスでは7人昇級することになりました」という結果に落ち着く。しかし当然認められるはずもなく、締切ぎりぎりまで考えていました。
 予想を各々提出し、集結した原稿を皆で見ると、「〇〇さんと全く同じ予想じゃん!」「▲▲さんの?位の予想、…ありですね。しまったそっちだったか!」「△△△段かぶってないと思ったのに++さんにも挙げられたー!一人勝ちの予定がorz」とお祭り騒ぎに。選出理由もそれぞれ個性があって面白く、どれも納得するものでした。やはり人の予想見るのは楽しい。
 記者、編集者としての経験を生かしたシュウショウダムスの大予想は、11~14面で各クラスごとに掲載しています。読む前に、一度自分で予想し、それと照らし合わせるように見ると、より一層楽しめます!
*
 そういえば、以前連載していた「ご存じですか?」が電子書籍になりました!当時読者だった筆者も楽しみにしていたコーナー。知っていても改めてみると面白い。銀ばさみだとか、この場合は銀ばさみと呼ばない?だとか、振り歩先とは?などなど。
 詳しくはコチラに載っているので、ぜひご覧ください。
*
 今週は他にも、
・森内名人が?阿部隆八段を、三浦八段が佐藤康王将をそれぞれ破り、本戦まであと1とした竜王戦ランキング戦1組5位決定戦、
・高崎六段が戸辺六段破り、3組への昇級、六段昇級を決めた4組、永瀬五段が決勝で中村太六段破り、優勝で本選出場を決めた5組、
?????・清水女流六段が棋士としての想い、里見女流三冠・加藤女流王座の印象、夢にまで見るvs長谷川女流二段の将棋などを語った棋士?済々、
・9/81が終わり、2筋へ突入!「2一」のマス目をめぐるドラマを追った新81マス物語、
・愛犬と公園の関係、「家族」としての2匹の犬への想いを語った心打たれるエピソード、三浦八段「私のお気に入り」
などなど、盛りだくさんでお届けします!

電子書籍・将棋ソフトが大幅割引! 将棋情報局4周年感謝祭を開催中!
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者