将棋情報局

週刊将棋5月9日号発売!

 皆様こんにちは。週刊将棋編集部です。いい天気です。
*
 今週はゴールデンウィークです。週刊将棋は休まず発行します。ご安心を。筆者は世間がうきうきしている中、今日も昨日も一昨日も会社に向かいました。なんて充実した連休。
 ゴールデンウィークは対局もお休みです。筆者は今週ずっと会社で校正していました。 1日がけで校正したのが「全棋士名鑑」。顔写真つきで、プロフィールや通算成績、過去の実績などを紹介しています。
 校正で見ることは、今年度の成績、更新した通算成績、実績が増えているか、段位、最終段位年、竜王戦・順位戦クラスなどです。先々週~先週で昇段された方が多かったので誤りがないかくまなくチェック!その他に、もうしばらく現場に出ることがなくなったO編集者から、「顔写真が今と全然違う人をピックアップしといてくれ、換えるから。おれは今の顔がわからん」と頼まれたので、取材で見た顔と違う先生を抽出。「この人は今の方がワイルド。この人の写真は幼い。今はもっと大人になってる」と何人か顔写真を更新してもらいました。去年の名鑑を持っている方は比較してみてください。
 今週号で棋士の全てがわかります。11~14面は永久保存必須です!
*

週刊将棋5月9日号

*
 あ!そうそう、ただ今週刊将棋?将棋世界で大幅割引キャンペーン中です!この機会お見逃しなく!
*
 今週号は職団戦のリポートも載っています。職団戦とは同一職場から成るチームで戦う5対5の団体戦です。筆者もマイナビ3軍で出ました。O編集者に、「全勝したら飯おごってやる」と言われました。あれ、これどっかで聞いたような…(※4月11日号茶柱参照)。「職団戦、2回戦で終わる場合もありますが、2戦全勝でOKですか?それにチームは6人なんで、抜け番になるかも」と一応確認すると、「それはいかんな」と、次のような約束が出来ました。3戦3勝で会社ビル内飲食店のどれでも可、2戦2勝でカツ丼、1勝でコンビニのパン。そしてA編集長は、「登場回数に限らずとりあえず全勝で好きなものを奢ってやる」と約束してくれました。
 俄然やる気が出て挑んだ第1局、リコー杯で出来なかった横歩を炸裂させ勝利!ありがとう野月先生!そして第2局、チームで誰が抜けるかとなり、ここで私が抜ければ、1戦1勝=全勝=おごり=ニヤリ、と抜け番を立候補。しかしその目論見がばれて強制出場させられることに。急いでやる気を入れなおして挑んだ第2局は、筆者が一番得意とする戦型になり、勝つことができました。これで2戦2勝。ここでチームが負けてしまい、2戦で幕を閉じました。チームが負けて残念でしたが、頭の片隅にはカツ丼が…。次回は3戦3勝以上を目指してチームもろとも頑張ります!
 その後は、敗退した2軍のチームとともに、駒の下の動きをする安南将棋などをし、残っていた1軍を見守りました。元週将記者で、今は営業のKさんは自称安南竜王。筆者は自称安南名人。どちらも自分の方が強い!と安南竜王戦三番勝負が開催されました。しかしK竜王は強く、2-1で敗れ、挑戦失敗。次は書籍編集部の0さんを挑戦者に迎えた筆者の防衛戦、安南名人戦三番勝負。Oさんは「一局教えてください」と低姿勢で挑戦、それに油断していた筆者名人は0-2で失冠。さすがに順位戦を潜り抜けてきただけある…!くぅ~、また「名人位を1年間預からせて頂きます」ってあのカッコいい台詞を言いたかったのに…!預かってもらうことになるとは…。次こそは…!
 とそうこうしている間に1軍は敗退、全チームとも昇級叶わず終わってしまいました。裏ではこんなドラマ(?)があった今回の職団戦、20面にリポートを掲載しています。
*
 今週は他にも、
・羽生二冠が前期挑決進出した久保九段を破り、本戦トーナメント進出まであと1勝とした竜王戦ランキング戦1組、
・稲葉六段と大石四段がどちらも早い終局で昇級を決めたランキング戦4組、6組、
・これで囲われても大丈夫!三浦八段による「プロの常識教えます」~囲いの崩し方~の矢倉・美濃・穴熊崩しの前編、
・はっしーvs人気声優?!ニコニコで公開対局!橋本八段出演のニコニコ超会議リポート、
・棋界のサラブレッド・藤森四段が奨励会時代と今、これからについて語った新はばたけ!若手棋士、
・棋界を勝手にランキング付けしてしまいました、深夜A時のなんでもバトルトーク、
・今週は矢内女流四段!対局・お出かけの必需品とは?「私のお気に入り」、
などなど盛りだくさんでお届けします!


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者