将棋情報局

週刊将棋11月16日号発売!


[PR] 将棋情報局3周年記念祭開催中!電子書籍を多数割引。100円、300円商品も!


皆様こんにちは。週刊将棋編集部です。

丸山九段が渡辺竜王に一勝を上げ、竜王戦が盛り上がってまいりました。

順位戦A級では、4連勝の谷川九段が郷田九段に連勝をとめられました。その将棋は持将棋成立が対局翌日の深夜1時40分、指し直し局終局が深夜(朝方?)4時37分。体力的にも熱戦でした。

この対局を取材したY記者が連盟を出たときはもう朝。対局者も徹夜なら取材陣も徹夜なんです。

熱戦の解説はもちろん、そのY記者の取材秘話も掲載!必見です!

ブログ筆者は同じく順位戦のB級2組の取材に行きました。

対局は金曜日。週刊将棋を刷るのは土曜日のお昼。間に合わせるために、徹夜で原稿を書いて土曜の朝までに仕上げます。

筆者は初めての金曜日の取材でした。徹夜は何年かぶりなので体が持つよう前日は早く寝て、準備万端!

夜中にお腹が空かない様に夜ご飯もたっぷり食べ、控室で棋士の先生がくれたお菓子をむしゃむしゃ食べ、お腹も準備万端!

しかし自分が担当する対局(先崎八段―広瀬七段戦)は夜中までもつれこむこともなく、9時前に終局。

終電には間に合うけど、徹夜の取材を体験すべく挑んだので、先輩記者の担当の対局を待ち、自ら徹夜コースに。

他の対局を待つ間に控室で、対局が終わり疲れているだろうに広瀬七段が取材のため自局の解説をしてくれました。

棋士の先生はみんないい人だと感動しつつ、眠気と戦い仕上げた記事は今週号7面に掲載しています。

広瀬七段の華麗なる寄せをとくとご覧下さい!

他にも森下九段の大逆転将棋、中川八段の珍しい仕掛けの将棋など盛りだくさんの内容です!

また今週から「パパグマの相振り日記」が新連載!

パパグマは穴熊のスペシャリストの○○さん!お見逃しなく!

今週号は好評発売中!

週刊将棋11月16日号


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者