将棋情報局

週刊将棋12月12日号発売!

皆さんこんにちは、週刊将棋編集部です。今日は寒さ和らぐようです。
*
今週はA級が2局行われました。全勝の羽生三冠はヒヤリとしつつも対高橋九段戦も勝利。あと一歩だった高橋九段は1勝5敗となりました。
金曜日の屋敷九段―深浦九段戦も。感想戦も両者うーんと唸る難解な一局でした。筆者が取材に行きました。正直昨日のことは、眠すぎの今、よく覚えていません。原稿はちゃんと送れたようでほっと一安心。
2局のA級から今週号はお楽しみください。
*

週刊将棋12月12日号

*
今週は、コーヒーブレイクに持って来いの、将棋連盟野球部OBチームvs若手チームの記事が載っています。選手として活躍していた新四段の上村四段にリポートしてもらっています!乞うご期待!
リポートの写真は筆者が撮りに行きました。朝連盟に寄ったあと、連盟付近の野球場へ。小さな球場が6つ集まる大きなグラウンド。入り口がわからずうろうろうろうろ。やっと連盟チームを発見したものの、ロープが張られて通れません。くぐればもう数メートルなのに!という状況にやきもきしつつ、グラウンドを半周回ってやっと発見した入り口からまた半周回って連盟チームの球場に到着。
野球部の情報をくれた戸辺先生と挨拶し、ウド鈴木を見た!(近くで撮影をしていたらしい)と物まねしつつ教えてくれた佐藤紳六段と談笑しつつ、野球部の撮影開始。
ボールは怖かったですが、まあこっちに来ても本来別のところへ打とう・投げようとしたものが逸れたものだから、当たってもそんなに威力はなく致命傷にはならないだろうと勝手な解釈をしていたので、結構近づいて撮れました。
6回が終わり、7回で○○チームの▲▲先生にヒットが!同点から1点リードしました(詳しくは上村四段リポートを)。その光景をばっちり収め、ほくほくの筆者。あとは9回までに△△チームがひっくり返せるかだな~と楽しみに次を待っていたのですが、なにやら模様がおかしい。7回なのに、皆が真ん中に集まって礼をしようとしている。なんだかよくわからないまま駆けつけて、両チーム握手の途中から撮影。あとで、草野球は時間の関係で7回で終わることがあると上村四段に教えてもらいました。だからヒットが出たとき異様に喜んでいたのか…。普段は高校野球くらいしか見ない筆者にとって、途中で終わるのはコールドゲームの時だけだと思っていました。ひとつ野球に詳しくなった今日この頃。
棋士のユニホーム姿も必見です!
*
ねっむー!
*
眠いので紙飛行機追って眠気をそらし、将棋世界のKさんとこ投げたら投げ返されたなう(当たっても大丈夫な力具合)
*
加藤家直伝の紙飛行機はよくとぶなう
*
本当は裏紙じゃなくて無地のほうがいいなう
*
Kさんも作ったなう。そんなんじゃ加藤家スペシャルには適いませんよなう
*
ブログ中に電子版用PDFを確認していたら、筆者担当のA級・屋敷先生の写真のキャプションが違っていました。「18面へ続く」的なのに。何かと思って18面のPDFを開いてみたら、屋敷先生の「私のお気に入り」が。私が担当だったのに18面ということがすっかり抜けていた。なるほど!確かにつながる!A級写真→18面→A級写真と戻るとより一層楽しめます!詳しくは18面「私のお気に入り」で!
*
ちなみに電子版のPDFはかなりおすすめです。印刷していない分写真がクリア!
*
今週は他にも、
・竜王戦ランキング戦開幕!プロvsアマ・三段は1―3と健闘!
・広瀬七段が佐藤康王将破り挑決まであと1勝!棋王戦敗者復活戦、
・上田女王が1―13の成績をものともせず清水女流六段に勝ち女流名人位初挑戦!
・白熱の角換わりシリーズをもう一度!おやつのナゾにも迫る!竜王戦ダイジェスト、
・戦いの場へ飛車を振るべし!鈴木八段が「振り飛車の極意」を伝授!
・将棋普及の突破口目指して…将棋かるた制作秘話「ザ・舞台裏」、
・陣屋事件など、まるでその場で語られているよう。升田幸三名局集など新刊を紹介!
などなど、盛りだくさんでお届けします!


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者