将棋情報局

週刊将棋1月9日号発売!

 皆さん明けましておめでとうございます。今年も週刊将棋をよろしくお願いいたします。
*
 週刊将棋では新春号から新連載が3つ始まります。
 1つ目は門倉四段の講座「角交換四間三ツ星ガイド」。部内でもわかりやすい!と早くも評判。プロ将棋でもアマ大会でも頻出する戦法をものにしてください!
 2つ目は「王将戦激闘史」。陣屋事件、羽生七冠誕生など数々の歴史を残した王将戦を第1期から振り返ります。今号は木村名人?丸田八段。爆弾棋戦と呼ばれる所以とは…?
 3つ目は「珍戦法・珍手筋続出 B級で行こう!」。相振り講座でおなじみの美馬アマが今度はB級戦法を紹介!裏手筋など盛りだくさん!第1回は「筋違い角」!
 学んで役立つ、読んで楽しい新連載です。乞うご期待!
*
 

週刊将棋1月9日号

*
 1面にヘビのイラストが載っています。A編集長はヘビが大嫌い。1面担当のY記者の悪巧みだとか何やらブツブツ言っていました。
*
 今週は女流名人位戦の挑戦を決めた上田女王のインタビューを掲載しています。筆者がインタビュアーになりました。ロングインタビューは初めてで、不備がないように資料やら色々用意して準備万端で挑みました。いざはじまったのですが、しばらくしてICレコーダーのスイッチを入れ忘れていたのに気づき、「しまった忘れてた!」とポチッ。上田女王は「大丈夫なのかなーって思ってました笑」と入れ忘れに気づいていた模様。はっずー!気を取り直して再開。リーグで一番印象に残っている一局を聞き、その中でも印象深い局面を選んでもらいました。何を選んでもいいように、全10局の棋譜を全てコピーして行った筆者。ぬかりなし!と思ったら、挙げられた一局だけ抜けており、異常なほどの役に立たないっぷりの自分に愕然。上田女王は、(棋譜は)覚えてますから大丈夫ですよーと言ってくれ、口頭で解説してくれました。優しさに感謝です。最後はプレゼント用に色紙もお願いして、新春号にふさわしく「夢」と書いてくれました。上田女王の「夢」の草冠は真ん中がつながっていない「+ +」の書き方。そこで筆者は、草冠は本当は6画なんですよ、元は「艸」で、それが「+ +」になって今の草冠になったんです。だから草冠は3画で調べても載っていなくて、6画じゃないと漢和で出てこないんです、と豆知識を披露。上田女王は突然の筆者の雑学王気取りにも、感心してくれました。ふふふ。でもこの知識、ぜんぶF記者の受け売り。インタビュー以外に、化粧メンドクサイヨネー的なことなど脱線しつつ話していたらあっという間に時間が過ぎました。長々とお付き合い頂きありがとうございました。
 挑決の対清水女流六段戦、番勝負で戦う里見女流名人についてなど幅広く聞きました。23面でお楽しみください。
*
 今週は他にも、
・銀損定跡で羽生三冠快勝!挑戦者は次戦の勝者となった渡辺明竜王vs羽生三冠の棋王戦挑決、
・早咲アマまたも初戦突破!上村四段はプロデビュー戦飾れず。本田女流敗退、の竜王戦ランキング戦、
・奨励会同士の大注目の一戦、里見vs西山!初段の里見が1級に勝ちベスト4へ!マイナビ女子オープン、
・紅 プロ公式戦は黒星スタート!しかし前向きに決意!女流名人位戦予選、
・羽生スペシャル出るか?! モチベーションは? 女性奨励会、海外選手は? 羽生三冠が大いに語るインタビュー、
・2012年のプロ将棋を片上六段が斬る!将棋界の行く末に危機感?対局ウォッチ 今年の!
・過去の対局、データから番勝負を占う。全力?新鮮で戦う佐藤康王将?渡辺明竜王の王将戦直前展望、
・特に第4図がすごい!巳年にちなみ、「マムシのと金」を大特集!妙技珍局拡大版、
・突然の終局。「愛され、幸せな人生だった」。米長永世棋聖葬儀リポート、
・将棋文化検定の最高得点者を追う!田丸八段の「丸の眼 と金リポート」、
・その光景が見たくてたまりません!愛らしいエッセーを書いていただきました。清水女流のお気に入り、
などなど盛りだくさんでお届けします!


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者