将棋情報局

週刊将棋5月30日号発売!

電子書籍・将棋ソフトが大幅割引! 将棋情報局4周年感謝祭を開催中!

 皆様こんにちは、週刊将棋編集部です。雨が降りそうで降っていません。
*
 今週は名人戦第4局が行われました。またもや先手勝利で、スコアは2-2のタイとなりました。入玉を目指す森内名人を、じわじわと押さえこむ羽生二冠の指し回しには惚れ惚れしてしまいました。そしてまた投了図が美しい!次の一手問題のような最終手でした。
 徳川家康公の掛け軸の前で行われた両対局者による御城将棋の再現など、盤外も合わせてお楽しみ下さい。
 1~4面で詳しく解説しています!
*
 また名人戦と同日に決着がついたのは、女流王位戦。相振り飛車の将棋を里見挑戦者が制し、自身初の女流王位獲得、そして清水女流六段に次ぐ、史上2人目の女流四冠となりました。
 終盤の里見新女流王位の寄せは鮮やかでした。盤上の駒を全て清算してからの寄せは見ていてすがすがしいです。解説や、女流四冠インタビューは23、24面です!
*

週刊将棋5月30日号

*
 今週はインターナショナル号。以前北尾女流初段によるリポートでも登場した、ポーランド出身のカロリーナさんがリコー杯女流王座戦で高群女流三段に勝つという快挙を成し遂げました。筆者はこの1次予選の取材に行ってきました。
 カロリーナさん目当てに、報道陣がわんさか来ていました。筆者は他社の記者さんたちと控室でカロリーナさんの棋譜の検討をしたり、大盤解説を聞いたりしていました。控室でも、大盤解説会でも強い!と評判の彼女。対局写真を撮りに行ったのですが、指す姿も綺麗で、とても様になっていました。外国の方とは思えないほど。
 筆者の使命はカロリーナさんにインタビューをしてくること。さすがに英語ぺらぺらです、実はカナダとドイツのハーフです、と冗談かます場合ではなくなり、どうしたもんだかと思っていると、神の助けか、リコーさんが通訳を用意してくれるという連絡が。助かった!
 しかし自己紹介くらい英語で言おうと、とりあえず、「記者」を英語でなんていうか調べておこうと眠っていた電子辞書を充電し、取材に持って行きました。ふむふむ、pressでいいのか。「press of ~」やなくて「press on ~」っていうのか、なるほど、じゃない、I see.じゃあ自己紹介するときはI’m a press on Shukan-Shogi.か?ん?週刊将棋?Shogi’s Newspaper?Newspaper of Shogi?
 そうこうして始まった合同記者会見。リコーの方が通訳してくださり、何事もなく終了しました。そして筆者は思い切って記者会見後にカロリーナさんに話しかけにいきました。
筆者「Do you know Shukan-Shogi?」(←予習したのに舞い上がって出だしは結局これ) 
カロリーナ「?」
筆者「ニュースペーパー!」(←思い出した)
 ※ここでカロリーナさんは、筆者がつけていた週刊将棋1面左上にあるロゴで作ったスタッフ証を指差して、
カロリーナ「ああ!知ってる知ってる!このマークのでしょ?」
 という雰囲気のことを元気にしゃべってくれました。
 そして調子に乗って、リコーの通訳さんの手を借りながら、棋譜は読めるの?詰将棋が好きなんだって?やら聞いたら、
カロリーナ「ええ、棋譜は読めます。そうなの!歩いている途中で詰将棋を解くの!問題を見て、う~ん…って空見上げながら考えるのよ!」
 的なことを答えてくれました。大分緊張していた筆者は、最後はわけもわからず、
筆者「アイム プレーヤー トゥー!アマチュア!」
 と「記者です」の練習台無しの謎な自己紹介を残して別れを告げました。
 今思えば、結局あいつ何者や、ってなってるorz チャレンジマッチに来てくれるそうなので、そのとき改めて英語で自己紹介できるようにしておきます…
 カロリーナさんはじめ、他のアマチュア選手、また奨励会員が活躍した女流王座戦は7面掲載です!下段のチャレンジマッチ直前情報と合わせてお楽しみ下さい!
*
 今週は他にも、
・深浦九段が山崎七段破り優勝!そして丸山九段が勝利し羽生二冠は5期連続本戦出場ならず、佐藤天七段が連続優勝を果たした竜王戦ランキング戦、
・デビューは211手!1日2対局を両方制し、嬉しい門出となった八代新四段の青流戦、
・中村太六段が挑戦に向けて前向きなやる気、周囲への感謝、「中村」から「太地」への変化を語った棋聖戦直前特集?「棋士済々」、
・挑戦者・長谷川女流二段は可憐な少女から鋭い勝負師へ?関六段によるマイナビ女子オープン第3局観戦記、
・北島理事がスーツから一転、テニスプレーヤーに?棋界にあふれるテニス愛を紹介!「私のお気に入り」、
などなど、盛りだくさんでお届けします!

電子書籍・将棋ソフトが大幅割引! 将棋情報局4周年感謝祭を開催中!
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者