将棋情報局

将棋世界7月号が発売

将棋世界7月号が発売。更新をすっかり忘れていたら、いつの間にか棋聖戦第1局が始まっていました。今月の表紙はいま注目の中村太地六段。まるでモデルのような姿で、将棋世界と気付かなかった方もいたのでは。

そういえば、ちょっと前に勝又教授(清和六段)のツイッターが話題になっていたような。勝又教授のつぶやきは↓。

「小6で奨励会に入ってちょぴっと勉強して早稲田実業中等部に余裕で合格ハンカチ王子と同級生で高校生で棋士に主席で卒業して早稲田大学政経学部へ3年で単位を取り終え論文書いたらスカラシップC2全勝して棋聖戦も挑戦者になり長身でかっこよく持ち駒多すぎふざけるなといいたい中村太地君が表紙です」

http://blog.livedoor.jp/i2chmeijin/archives/8133555.html

こう並べてみると確かに半端ない貴公子ぶりです。その中村六段のインタビューも掲載されています。ぜひご覧ください。

さらに今月は加藤一二三九段と飯塚祐紀七段の棒銀対談が超お薦め。70歳を超えてなお新手を編み出す加藤九段の棒銀愛には飯塚七段も思わず感嘆の声。「タケシでもアキヒトでもかかって来い!」とその情熱はとどまるところを知りません。

ほかにも名人戦や恒例の順位戦大予想など、今月も盛りだくさんの内容です。ぜひお手に取ってください。


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者