将棋情報局

将棋世界5月号発売

将棋世界5月号が発売になりました。

5月号は毎年恒例となっている順位戦特集です。最注目のA級は「老師」河口俊彦七段による執筆で対局日誌特別編となります。対局日誌は今でも時折「復活させてほしい」という声が編集部に届くほど。久々の河口節をご堪能ください。さらに7月号から河口七段による木村義雄名人の連載が決定しています。そちらもぜひお楽しみに。

5月号はプロ棋戦が盛りだくさんで、棋王戦、王将戦、NHK杯と内容満載、渡辺竜王の獅子奮迅の活躍が光りました。

そして、10ヶ月にわたり激闘を繰り広げてきた将棋世界・週刊将棋合同企画「双龍戦」もついに最終戦を迎えました。トップチームVS振り飛車党チームによる決戦ですが、結果次第では関西チームにも優勝の可能性がある、大混戦です。激戦を制したのは果たしてどのチームでしょうか。

先日、升田賞と名局賞の選考会が行われましたのですが、升田賞は藤井九段の角交換四間飛車、名局賞が王座戦第4局、そして名局賞特別賞に女流名人位戦第5局が選ばれました。女流の将棋の受賞は初めて。2年前に第37期女流名人位戦の里見-清水戦が候補に上がったことがありましたが、その時は惜しくも見送られました。今期の女流名人位戦は熱局ぞろいで、高橋九段はシリーズに対して賞を贈ってもいいほど、と大絶賛。その第5局の模様もぜひ本誌でご覧ください。


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者