将棋情報局

将棋世界編集部ブログ

初代叡王・山崎隆之八段がビシッと見つめる将棋世界3月号好評発売中!

こんにちは。将棋世界編集部です。

将棋世界3月号の内容をご紹介します。

☆巻頭カラーは2本です。
・棋王戦挑戦者、佐藤天彦八段インタビュー
本年度2つ目のタイトル挑戦と、絶好調の佐藤八段にタイトル戦への意気込みを聞きました。

・W中村太地対談
ヴァイオリニストの中村さんには、撮影用にご自身のヴァイオリンを持ってきていただいたのですが、あまりに高額なお値段に一同驚愕したのでした。

棋戦は、
・第1期叡王戦総括
「諦めないで掴んだ栄冠」
郷田真隆王将を破り初代叡王に輝いた山崎隆之八段の自戦解説をお届けします。

・第65期王将戦第1局(郷田真隆王将vs羽生善治名人)
「終盤なき圧勝劇」

・第42期岡田美術館杯女流名人戦第1局(里見香奈女流名人vs清水市代女流六段)
「芸術に磨かれた感性」

・第5期リコー杯女流王座戦第5・6局(加藤桃子女流王座vs伊藤沙恵女流二段)
「戦友と向き合ったシリーズ」
最後までもつれた熱戦のシリーズを、防衛を果たした加藤女流王座の自戦記でお届けします。

☆特別講座は、佐藤天彦八段の「積み重ねの逆転術」です。
今期も勝ちまくっている今最も旬な棋士が、大技をかけることなく、コツコツと逆転する勝負術を伝授します。必見です!

・リレー自戦記第2回は瀬川晶司五段が、感想戦後の感想は今泉健司四段が登場です。

・短期連載、「相振り飛車の可能性」。
今月は上級編です。杉本昌隆七段がその変遷を分かりやすく解説します。

・金井恒太五段の最新定跡探査・居飛車編。
今月は横歩取りにスポットを当てています。

・かりんの将棋上り坂 Vol.14は「対四枚落ち・四間飛車6筋対抗型」です。
四枚落ちとはいえ、しっかりと見通しを立てて、指し手に意味を持たせないと、簡単には上手陣を崩せません。かりんさんも、同じように初段を目指している読者の方も、皆さん頑張ってください!

☆付録は武市三郎七段による「初段 1手3手必至」です。
必至問題は短手数でも読む量が多くて楽しめます。楽しみながら、棋力アップを目指しましょう!


 

『将棋世界編集部ブログ』の記事一覧はこちら


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者