将棋情報局

書籍編集部ブログ

新刊案内「四間飛車名局集」 ~森安先生の将棋が独特すぎる件~

こんにちは。
三角形の合同条件の一つ「3辺が等しい」をいまだに疑っている編集部の島田です。

今日はいよいよ発売が明後日に迫った「四間飛車名局集」を紹介したいと思います。



本書については、マイナビBOOKS限定特典として、鈴木大介先生のサイン本の販売を実施させていただきましたが、おかげさまで予定の冊数に達することができました。
ご購入いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

また、忙しい中たくさんのサインをしていただいた鈴木先生にも深く御礼申し上げます。
鈴木先生、ありがとうございました。

サイン本特典は今後も続けていく予定ですので、宜しくお願いいたします。

さてさて、先日も予告した通り、今回は四間飛車の名手・森安秀光先生の将棋を紹介したいと思います。

まず、森安先生といえば、あの将棋を紹介しないわけには参りますまい。

そうです。第42期名人戦七番勝負第1局・谷川浩司名人との一戦でございます。

まずはこちらをご覧ください。




森安先生の四間飛車に先手の谷川先生が速攻を仕掛けたところです。
以下、なんだかんだでこう進みました。





先手の次の狙いは▲3三角成、ではなく▲2二歩!です。

・・・ん?▲2二歩?
受からなくね?

と思いますよね。
安心してください。私もそう思いました。

しかし!ここでの△2二角!!がダルマ流といわれた森安先生一流の粘り強い一手。




あちょー!!

いやー、打ちにくいところに打つんですねー。
確かにこれで耐えてます。

ここからさらに数手進んで下図。





本局のハイライトはやはりここでしょう。
ここからの3手が名人戦史上、というか将棋史上に残る3手

なんと、△5一金寄!▲5七銀△4一金!!!!!





マジですか!!?

見たこともない美濃囲いの金のスライド!!

飛車打ちを未然に防いだということなんでしょうが、まさに森安先生にしか指せない手順といえます。

ただ、これで勝っていれば本当にすごかったんでしょうけど、ここから▲6六歩△同歩▲同銀右が好手順で、以下谷川名人の勝ち。森安先生の超有名局として知られてますけど、負けちゃうんですよね。

実は鈴木大介先生もこの将棋は森安先生が勝ったと思っていたとか。

それくらいこの手順のインパクトがすごかったということでもあるんでしょうね。


私は今回「四間飛車名局集」を並べてみてこう思ったんです。
「大山先生マジ強い」。
そして、
「森安先生Mなのかも」と。

せっかく作った囲いを自ら壊していくスタイル。
他の追随を許さない森安ワールド。

次にこの将棋を見てください。




第42期棋聖戦五番勝負第5局。▲森安八段―△中原棋聖の一戦です。

中原先生の居飛車穴熊に対して森安先生はダイヤモンド美濃。
この瞬間は振り飛車の方が堅いくらいです。


それが数手進むとこうなっていました。



中原先生が金銀4枚でガチガチの居飛車穴熊を構築したのに対して、森安先生は囲いを崩しながら盛り上がっていきます。

居飛車は最強の囲い「ビッグ4」になりそうなこの場面。
この次の森安先生の一手は誰も当てることができないでしょう。


その一手とはまさかの▲6七金!!!!!





いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや!

先生!森安先生!!

そっちですか!先生!!

ダイヤモンド美濃の堅陣、どこいっちゃったんですか。

こわいわ、もう。

しかもここで△8六歩▲同歩△同角▲8八飛には△7七角成~△6七馬で金一枚損しちゃいますけど大丈夫ですか?


実戦も△8六歩ときたんですが、対して▲6六角!が用意の一手。





以下、△8二飛▲8六歩でギリギリ耐えてます。

しかし以下△4七歩▲同金とさらに形を乱され、△9五歩から端を攻められて下図の局面に。



※図の「杏」は成香です

陣形が大差でこんなに気持ちよくさばかれては普通は負けとしたもの。

しかしかかし!ここで▲9八歩!!がまたしてもダルマ流本領発揮の一着!




これで「ギリ耐え」です。

以下、△9六成香▲4四歩△4二歩▲4五桂・・・と進んで、なんとこの将棋勝っちゃうんですよ。

・・・つ、つえー。森安先生マジつえー。

それにしても、完全に良い子は真似しちゃいけない将棋ですよ。
私がこんなことしたら間違いなく空中分解します。

でも、鈴木大介先生がいってましたが森安先生の将棋は四間飛車から美濃囲いにして、それを高美濃にして、さらにそれを銀冠にして、玉頭から攻めたい人(縦から攻める振り飛車党)にとってはめちゃくちゃ参考になる指し方なんだそうです。

というか、こんな勝ち方ができたら最高に気持ちいいじゃないですか。
前へ前へと駒が躍動して、まさに名局ですわ。


と、いうわけで、大山先生の将棋も森安先生の将棋も藤井先生の将棋もたくさん入っている「四間飛車名局集」の発売は明後日です!

みなさん、どうぞ手にとって、四間飛車の名局100局をご堪能ください。


 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
抽選で将棋書籍をプレゼント!
→1月のアンケートはこちら
 

『書籍編集部ブログ』の記事一覧はこちら


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者