将棋情報局

将棋NOW 2月14日版

不定期で棋戦の動きを紹介するコーナーです。2月8日から13日までの棋戦の動きをお伝えします。(将棋情報局編集部)

【竜王戦(読売新聞社主催)渡辺明竜王】

三浦復帰戦勝利ならず

第30期竜王戦はランキング戦が進行中。2月13日(月)には1組の羽生善治三冠-三浦弘行九段戦が行われ、羽生が勝利した。三浦は4ヶ月ぶりの対局復帰だが、白星で再出発とはならなかった。出場者決定戦5位トーナメントから挑戦を目指すことになる。
その他の1組の対局は以下の通り。

8日(水)○久保利明九段-山崎隆之八段●
10日(金)●阿久津主税八段-屋敷伸之九段○

9日(木)には6組の浦野真彦八段-藤井聡太四段戦が行われ、藤井聡が勝ち、デビューから負けなしの3連勝。


【名人戦・順位戦(毎日新聞社・朝日新聞社主催)佐藤天彦名人】


菅井、斎藤ラス前敗れるも自力変わらず

B級2組(昇級者2人、降級点4人)

第75期順位戦B級2組は8日(水)に10回戦が行われた。勝てば昇級だった菅井竜也七段、斎藤慎太郎六段は共に敗れたものの、自力なのは変わらず。最終戦は3月8日(水)に行われる。昇級の可能性があるのは以下の3人。

23 斎藤慎太郎六段 8勝1敗 鈴木● 北浜
3 菅井竜也七段  7勝2敗 澤田● 先崎
19 中田宏樹八段  7勝2敗 北浜○ 中村修

3番手の中田宏は自身が勝ち、菅井、斎藤のどちらかでも敗れれば昇級。


近藤誠1期抜けなるか

C級2組(昇級者3人、降級点10人)

第75期順位戦C級2組は10回戦の後半戦が9日(木)に行われ、残すは最終戦の3月2日(木)に行われる11回戦のみ。昇級の可能性があるのは以下の6人。

16 西尾 明六段  8勝1敗  脇
37 門倉啓太四段  8勝1敗  佐藤紳
49 近藤誠也四段  8勝1敗  小林健
7 三枚堂達也四段 7勝2敗  高野智
12 梶浦宏孝四段  7勝2敗  浦野
14 佐藤紳哉七段  7勝2敗  門倉

自力は西尾、門倉、近藤の3人。近藤は順位戦初参加で1期抜けを狙う。西尾は苦節14期目での昇級なるか。


【王位戦(新聞三社連合主催)羽生善治王位】

挑戦者決定リーグ開幕!


第58期王位戦挑戦者決定リーグ戦白組の渡辺明竜王-丸山忠久九段戦が8日(水)に行われ、渡辺が勝利した。


【棋聖戦(産経新聞社主催)羽生善治棋聖】


第88期棋聖戦は二次予選が進行中。8日(水)には加藤一二三九段が佐藤天彦名人と対局。勝てば自身の持つ最年長勝利記録を更新するところだったが、敗れた。
13日(月)には二次予選決勝の屋敷伸之九段-佐々木勇気五段戦が行われ、屋敷が勝って二次予選突破一番乗り。


【朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)】

八代初優勝!


第10回朝日杯将棋オープン戦の準決勝、決勝が11日に行われた。八代弥五段が広瀬章人八段、村山慈明七段を連破し、棋戦初優勝を飾った。
八代は22歳。歴代最年少での朝日杯将棋オープン戦優勝となった。また、全棋士参加棋戦の優勝のため、六段に昇段した。


【マイナビ女子オープン(マイナビ主催)加藤桃子女王】

上田決勝進出!

第10期マイナビ女子オープンは本戦トーナメントが進行中。10日(金)に準決勝の上田初美女流三段-西山朋佳奨励会三段戦が行われ、上田が勝利し決勝に進出した。
201702141837_1-300x0.jpg
準決勝の残り1局、里見香奈女流五冠-甲斐智美女流五段戦は16日(木)に行われる。

将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。