藤井聡太二冠の今期王将戦の初戦、対石田直裕五段戦が始まる 第71期ALSOK杯王将戦二次予選|将棋情報局

将棋情報局

藤井聡太二冠の今期王将戦の初戦、対石田直裕五段戦が始まる 第71期ALSOK杯王将戦二次予選

藤井二冠が先手番で、戦型は相掛かりに

電子書籍やソフトが大幅割引! 将棋情報局夏祭り開催中

第71期ALSOK杯王将戦(主催:スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社)の二次予選、▲藤井聡太二冠-△石田直裕五段戦が7月30日に東京・将棋会館で行われています。前期は挑戦者決定リーグ戦から陥落してしまった藤井二冠。再びリーグ入りを果たすための戦いが始まりました。


第71期ALSOK杯王将戦二次予選1組のトーナメント表

藤井二冠は二次予選からの登場で、本局が今期王将戦の自身初戦です。3期連続での王将リーグ入りを目指します。

石田五段は一次予選からの勝ち上がり。一次予選を4連勝で通過すると、二次予選の初戦でも井出隼平五段を破って本局を迎えています。

藤井二冠-石田五段戦で思い出されるのは、2018年6月に行われた、第31期竜王戦ランキング戦5組決勝戦でしょう。

角換わりの将棋で両者が激しく攻め合い、石田五段が▲7七歩と飛車取りに歩を受けた局面。ここで誰もが予想しなかった強手を藤井七段(当時)は放ちます。

それがまさかの△7七同飛成! 歩と飛車を交換する常識外の一手が絶妙手でした。後手を引いては相手に攻められてしまう局面で、手番を握り続けるための飛車切りは盤上この一手の好手。この手以降、石田五段に反撃の機会を与えずに、藤井七段が寄せ切って勝利しています。また、△7七同飛成は第46回升田幸三賞も受賞しました。

その時以来の対戦となる本局は、振り駒の結果藤井二冠が先手番になりました。戦型は相掛かりを選択した藤井二冠。飛車を大きく使って一歩得を果たしています。

一歩損の代わりに手得となった石田五段は、銀2枚を前線に繰り出して陣形をふくらませます。低い陣形の先手陣と、盛り上がった陣形の後手陣で好対照な駒組みです。

持ち時間が3時間の王将戦二次予選。本局は本日夕方の決着見込みです。藤井二冠が再び皆をあっと言わせるような好手を放って勝利するのか。それともやられ役はもう御免とばかりに、石田五段がリベンジを果たすのか。注目です。

電子書籍やソフトが大幅割引! 将棋情報局夏祭り開催中
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。