豊島将之竜王が藤井聡太王位に先勝! 彼我の玉1路差を勝敗に直結させる卓越した構想力を披露 王位戦七番勝負第1局|将棋情報局

将棋情報局

豊島将之竜王が藤井聡太王位に先勝! 彼我の玉1路差を勝敗に直結させる卓越した構想力を披露 王位戦七番勝負第1局

意外なほど大差の決着となった第1局を豊島竜王の構想に着目して振り返る

名著復刊『升田将棋選集』好評発売中!

将棋のタイトル戦、お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負(主催:新聞三社連合)第1局が6月29、30日に愛知県「名古屋能楽堂」で行われました。藤井聡太王位に挑戦するのは、最強の挑戦者豊島将之竜王。大注目の開幕戦は104手で豊島竜王が勝利しました。


お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負の勝敗表

二冠を保持する両者の対決ということで、どちらが勝つにせよ大熱戦が予想された第1局。ところが蓋を開けてみれば豊島竜王の圧勝という、あまりにも意外な結果となりました。両者持ち時間を1時間40分以上余らせるほどに一方的な試合展開でした。

このような結果になったのは、豊島竜王が卓越した構想力を発揮してリードを奪い、緩みない寄せで藤井玉を寄せ切ったためです。特に、普通なら見過ごしてもなんら不思議のない、藤井陣に生じたわずかな歪みを的確に突いた中盤の組み立てが驚異的でした。

その歪みとは、先手の6八玉型と4五歩という組み合わせ。本記事ではそれをとがめる豊島竜王の構想に焦点を当てて、第1局を振り返っていきます。

振り駒で先手番になったのは藤井王位でした。「先手なら相掛かりにしようと思っていた。序盤から手の広い戦型なので、どういう展開になるかはやってみないと分からないのかなと思っていた」と局後に語ったように、用意の作戦だったようです。

藤井王位は▲6八玉と上がったのに対し、豊島竜王は△5二玉型を選択。この一路の差が後々大きな差となります。

飛車先の歩を交換した藤井王位は飛車を中段に構え、3四の歩を狙っていきます。そして陣形をふくらませるために、▲4六歩と突きました。先手の飛車の横利きが止まったタイミングで、豊島竜王は△8六歩と歩を合わせます。横歩を飛車で狙ったこの手が機敏な手。藤井王位は7六歩を守るために▲4五歩と突いて、飛車の横利きを再度開通させました。

こうして藤井陣は6八玉+4五歩という形になりました。この陣形をとがめるため、豊島竜王はまず右桂を活用します。そして藤井王位が3四の歩を飛車で取った手に対し、△3三桂と左桂も跳ねていきました。

△3三桂で豊島竜王の狙いが見えてきました。2枚の桂を中央に跳ねていき、5七の地点を攻めていこうというものです。伸びすぎた4五歩は、桂の進路になってしまっています。そして藤井玉は6八にいるため、▲6八銀と上がって5七を補強することができません。

豊島竜王は「△3三桂跳ねて、後手番としてはまずまずの展開だったかもしれない」と局後に振り返りました。藤井王位も「陣形に傷が多い。6八玉型は5七が受けづらいとか、4五歩が伸びすぎだとかがあって。まとめ方が難しい展開になってしまった」と作戦失敗を認めています。

ゆっくりしていると、飛車切りから2枚の桂を跳ねる猛攻を受けてしまう藤井王位。特に3三桂を△4五桂と跳ねさせてしまうと、今まで眠っていた2二の角までが働き始めてしまいます。相手が動き出す前に、藤井王位は前に自ら仕掛けていきました。4筋を突き捨ててから、1筋から端攻めを開始します。豊島竜王はこの攻めにどう対処するのかと思われたところで、豊島竜王の手は意外なところに伸びました。

それは逆サイドの9筋。自らも端攻めを繰り出していったのです。両者歩を取り込んで、局面は一気に激しくなりました。

1筋と9筋、どちらの攻めが厳しいのか。それは玉の位置を見れば明らかです。藤井玉は相手の9筋からの攻めに近い6筋にいます。一方の豊島玉の位置は、相手よりも一路遠い5筋です。

桂2枚で中央からの攻めを見せて相手の攻めを誘い、攻め合いに持ち込む。6八玉型をとことんとがめる豊島竜王の構想が光ります。

「(飛車を)切って桂跳ねのような筋は気になっていた。角を使われるとまずいなと思い、本譜を進めてしまったが、それ以上に3四の飛車の働きが悪くなってしまって、そのあたりから(形勢が)悪くなってしまった」と藤井王位は語りました。

藤井王位は▲8七歩と打って8筋を守ってから、▲1三歩成と攻めを継続しました。これが傷口を広げてしまった順で、▲9八歩と受けていれば若干苦しいながらもまだ長い将棋だったようです。「本譜よりは受けるべきだったと思うんですけど、なんかつらいかなという気が。こっちがいい形にならないので。端を詰められたのが大きすぎます」と藤井王位が振り返ったように、6八玉型と5二玉型の差がここでも響いています。後手は△1二歩と受けても、玉から遠いため問題ありません。

本譜は、1筋で香を入手した藤井王位に対し、豊島竜王は9筋で取れる香を取らずに△9七歩と歩を垂らしました。この手が絶好手で、9筋でも相手に香を取らせる代わりに、と金を作って角を取ることができました。

優位に立ってからの豊島竜王の指し回しも絶品でした。3筋を歩でこじ開け、△4五桂と跳ねて△3七歩を狙います。藤井王位が持ち駒の香を使って反撃してきても、冷静に対応。歩は打てなくなったものの、△3七香と香で代用して敵陣の金銀の連結を外し、角・飛車を打ち込んで、あっという間に寄せ形を築いてしまいました。

最後は藤井王位の王手を豊島竜王が冷静にかわしたところで、藤井王位の投了となりました。藤井玉は受けなしなのに対し、豊島玉には詰みがありません。終局時刻は15時35分と、王位戦七番勝負としてはかなり早い時間での決着となりました。

完璧な中盤の構想で、藤井王位を圧倒した豊島竜王。王位復位に向けて好発進を切りました。「コンディションを整えていい将棋を指したいと思います」と第2局の抱負を語りました。

手も足も出ないというような内容だった藤井王位は「本局は早い時間の終局になってしまったので、第2局以降熱戦にできるように頑張りたい」とコメント。これで豊島竜王との対戦成績は1勝7敗となりました。藤井王位がここまで負け越す相手は他にいません。難敵相手に第2局以降立て直すことができるでしょうか。

注目の第2局は7月13、14日に北海道「花月会館」で行われます。


若き天才相手に完封勝ちを収めた豊島竜王(提供:日本将棋連盟)

名著復刊『升田将棋選集』好評発売中!
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。