将棋情報局

藤井聡太二冠がB級2組6連勝を懸けて北浜健介八段と対戦中 戦型は20勝3敗と得意にしている対先手中飛車

B級2組で唯一全勝中の藤井二冠。連続昇級に向け連勝継続なるか

第79期順位戦B級2組(主催:毎日新聞社・朝日新聞社)の▲北浜健介八段(3勝2敗)-△藤井聡太二冠(5勝0敗)戦が11月11日に関西将棋会館で行われています。順位戦で34勝1敗という驚異的な成績を残す藤井二冠が連勝街道を驀進するのか、北浜八段が待ったをかけるのか、注目の一戦です。

6回戦終了時点で全勝は藤井二冠のみ。5回戦は抜け番だったため、現在5連勝中です。それを追うのが5勝1敗の中村修九段、4勝1敗の横山泰明七段、中田宏樹八段、佐々木勇気七段という展開となっています。

藤井二冠と北浜八段の過去の対戦成績は、藤井二冠の4勝0敗。戦型はすべて中飛車となっています。

北浜八段が先手番の本局。戦型はやはり北浜八段の中飛車対藤井二冠の居飛車急戦となりました。

先日の王将リーグでは、居飛車党の佐藤天彦九段が藤井二冠相手に先手中飛車を採用して話題になりました。先手中飛車は藤井二冠の弱点戦法なのかと言うと、そんなことは全くありません。

藤井二冠の対先手中飛車通算成績はなんと20勝3敗。敗れたのは今泉健司五段に1度、菅井竜也八段に2度の3回のみです。

記事執筆中の11時45分時点では、2枚の銀で中央を制圧しようとする藤井二冠に対し、北浜八段が5筋の歩を交換したところまで進行中です。振り飛車がさばけるか、それとも居飛車が抑え込めるかという展開の将棋になりそうです。

本局の終局は本日夜となる見込みです。

20201111.1.jpg
本局の対局準備を進める藤井二冠(提供:日本将棋連盟)


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。