将棋情報局

糸谷哲郎八段が前名人の豊島将之竜王を破る! 第79期A級順位戦

糸谷八段は3勝1敗。4連勝で首位の斎藤慎太郎八段を星1つ差で追走

第79期A級順位戦(主催:毎日新聞社・朝日新聞社)の4回戦、▲糸谷哲郎八段(2勝1敗)-△豊島将之竜王(2勝1敗)戦が10月29日に関西将棋会館で行われました。かつては「関西四天王」と呼ばれ、若手時代から現在まで大活躍の関西所属棋士同士の一戦は、115手で糸谷八段の勝利。3勝目をあげています。

本局は両者得意の角換わりの戦型になりました。糸谷八段の早繰り銀に対し、豊島竜王も早繰り銀で応戦します。

先攻したのは後手の豊島竜王。糸谷八段は玉自らが前線に出て相手の攻めを受け止める「顔面受け」で応戦します。巧みな玉さばきに定評のある糸谷八段らしさ全開の展開です。

豊島竜王は駒損ながら攻めをつなげる強攻策に出ました。糸谷玉の周りには守り駒がいなくなり、いかにも危なそうな形となります。しかし、糸谷八段はギリギリ相手の剣先が届かないと見切っていました。

豊島竜王は金取りに飛車を打ち下ろします。金を取る手が間に合えば豊島竜王の勝ちですが、このタイミングで糸谷八段が豊富な持ち駒を生かしてついに反撃。駒をどんどん打っていき、豊島玉に詰めろ、詰めろと迫っていきました。

豊島竜王はなんとか相手の攻めを振りほどこうと懸命に受けますが、糸谷八段の攻めは的確でした。最後は豊島玉を即詰みに打ち取って勝利。最後まで豊島竜王に金を取るチャンスを与えませんでした。

この勝利で糸谷八段は3勝1敗の成績に。現在の首位は、糸谷八段と同じく関西所属棋士の斎藤慎太郎八段です。斎藤八段は現在4勝0敗。両者は1回戦ですでに対戦しており、斎藤八段が勝利しています。

20201030.1.jpg
若手時代からしのぎを削ってきた豊島竜王を破った糸谷八段


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。