将棋情報局

第1回将棋情報局最強戦オンライン 開催報告

asakuraotomeさんが「第1回オンライン最強位」に輝く!
第2回も2020年10月に開催決定!!

7月4日に「第1回 将棋情報局最強戦オンライン」が無差別、初・二段、級位者の3クラスに分かれて行われました。初の試みにも関わらず、106名もの方にご参加いただきました!(無差別の部36名、初・二段の部27名、級位者の部43名)

この大会はその名の通り、対局アプリ「将棋クエスト」を使用して、オンラインで開催。15時から18時までは5分切れ負けの自由対局形式の予選を行い、連勝数の多い順に4人が決勝トーナメントに進出するというシステムを用いました。

また、当日は山本博志四段をお招きし、YouTubeで中継を実施。予選対局の解説はもちろん、三間飛車講座やトークなどで盛り上げていただきました。YouTubeで公開しておりますので、当日ご覧いただいていない方は是非ご覧ください!(https://www.youtube.com/watch?v=v7CRb9NApYU)
1時間3分頃からは第13期マイナビ女子オープン五番勝負第3局で加藤桃子女流三段が見せた、居飛車超急戦対策を解説いただいております。そこだけでも必見です!

taikai1.jpg
涓滴Tシャツを着て解説してくださった山本四段。左は書籍編集部編集長の島田

3時間にわたる激闘の末、決勝トーナメントに勝ち上がったのは以下の12名でした(敬称略)。※連勝数が同一の場合は、予選の勝ち数差で順位を決定します。

無差別の部予選結果
1位:sato_sasara 10連勝
2位:oppaness 7連勝
3位:shera_zade 7連勝
4位:asakuraotome 7連勝

初・二段の部予選結果
1位:hachinomi 12連勝
2位:tututoro0 8連勝
3位:takuyoshin 6連勝
4位:atsunano 5連勝

級位者の部予選結果
1位:shakamin 10連勝
2位:kuma1352 10連勝
3位:wansan1213 9連勝
4位:skjmkr 8連勝

決勝トーナメント準決勝は1位対4位、2位対3位というカード。また、決勝トーナメントからは10分切れ負けとなります。

無差別の部の準決勝を制し、決勝へ駒を進めたのはshera_zadeさんとasakuraotomeさん。どちらも予選上位通過の相手を破っての進出です。決勝の一局を少しだけ紹介します。

決勝は後手のshera_zadeさんの角交換四間飛車に対し、先手のasakuraotomeさんがバランス重視の構え。

taikai2.jpg

図からの指し方が面白い構想でした。
以下、▲6八玉△6三金▲7八金△5四歩▲8六銀△8四歩▲9五歩

taikai3.jpg

▲6八玉は意外な手でしたが、棒銀で端から攻めるのが狙い。確かに端から攻めるなら、▲7八玉・6八金型より▲6八玉・7八金型の方が理にかなっています。戦場から遠ざかってますし。

ちなみに先手のバランス重視の構えは「角交換振り飛車破りの決定版!地下鉄飛車 徹底ガイド」に載っています!(隙あらば宣伝)この陣形はほんとに優秀なので、角交換振り飛車対策に悩んでいる方は是非読んでみてください。
なお、書籍では▲8六銀はほとんど紹介されておらず、▲6六銀がメインでした。asakuraotomeさんの独自研究でしょうか。

taikai4.jpg

少し進んで、先手が地下鉄飛車を開通させた局面。後手は△9四香▲同銀△同銀▲同香で銀を入手して、7六の拠点を利用して反撃しますが、効果はいまひとつ。4七銀・4八金の方に逃げれば囲い復活ですからね。

taikai5.jpg

その後は上下左右から後手玉を包囲したasakuraotomeさんが、shera_zadeさんの追撃を振り切って勝利となりました。asakuraotomeさん、おめでとうございました!!

taikai6.jpg 投了図。109手で先手勝ち

各クラスの最終順位は以下の通りです(敬称略)。

無差別の部
1位:asakuraotome
2位:Shera_zade
3位:oppaness
4位:sato_sasara

初・二段の部
1位:hachinomi
2位:tututoro0
3位:takuyoshin
4位:atsunano

級位者の部
1位:shakamin
2位:wansan1213
3位:skjmkr
4位:kuma1352

ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした!
さらに大会後のアンケートにも多数ご回答をいただきました。すべて目を通しております。

そして、早速ですが、

第2回の開催が決定いたしました!!

まだ正式な日程は決まっていませんが、10月には開催する予定です!
第1回と同じく、電子書籍の参加賞、そして入賞者には大山康晴全集をはじめとした豪華賞品をご用意いたします。
また、ご意見として多かった、「過少申告への対処」「級位者クラスの持ち時間を10分にする」等は次回大会で実施したいと考えております。

今回ご参加いただいた皆様も、参加いただけなかった皆様も、是非続報をお待ちいただければと思います!


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者