将棋情報局

木村一基王位に藤井聡太七段が挑戦する王位戦第2局は2日目が進行中! 第1局とは一転、長い中盤戦に

戦型は相掛かりとなり、構想力の問われる展開に。藤井七段の攻め、木村王位の受けという棋風通りの戦いになること濃厚

将棋のタイトル戦、第61期王位戦七番勝負第2局(主催:新聞三社連合)が7月13、14日に北海道「ホテルエミシア札幌」で行われています。挑戦者の藤井聡太七段が木村一基王位に先勝して迎える本局は、第1局とは一転、長い中盤戦に突入しています。

第1局は先手の藤井七段が角換わりを採用。持ち時間をほとんど使わないハイペースな序盤から、一気に戦いが起きました。2日目朝からすでに終盤戦に突入し、藤井七段が粘る木村王位を寄せ切った一局となりました。

角換わりは駒組み段階まではある程度パターンが定まっている戦型のため、このような展開になりやすいです。先日行われたヒューリック杯棋聖戦第3局が記憶に新しいところで、藤井七段と渡辺明棋聖の研究が、90手前後にまで行き届いていたことが話題になりました。

本局先手番の木村王位は相掛かりを採用。相掛かりは角換わりと異なり、序盤から構想力の問われる戦型です。飛車先交換のタイミング、端歩を突くか突かないか、歩を伸ばす筋など千差万別。本局でも両者序盤からまとまった持ち時間を投入し、スローペースな展開になりました。

1日目は盤上で小競り合いが起きただけで終了時刻になりました。手番の藤井七段は自身初の封じ手を行います。自室に引き揚げ封じ手用紙に指し手を記入し、その用紙が入った封筒を木村王位に差し出しました。ところがその封筒に自身の署名がなかったようで、木村王位に優しく指摘されて改めて署名を書くというハプニングがありました。こんな姿が見られるのも今だけでしょう。

2日目は藤井七段の封じ手、△8六歩で対局再開。この手は飛車を縦横に使って歩を手に入れようというもの。9筋を突き捨ててから5筋の歩を飛車で入手し、狙いを実現した藤井七段。次は9筋に作った傷から攻め込む狙いでしょう。一方の木村王位はすべて受けて立つ姿勢。傷を一つ一つ丁寧に消したあと、堂々と9筋の垂れ歩を回収し、「攻めてこい!」と待ち構えます。

歩を損している藤井七段はのんびりしていると駒損が響いてくるため、自ら動いていく必要があります。これは木村王位の待ち受けるところでしょう。藤井七段の攻め、木村王位の受けという、両者棋風通りの展開です。

本記事執筆中の11時35分現在、藤井七段が53分の長考の末、52手目△8五飛を着手しました。どのように攻めを組み立てるかの見通しが立ったのでしょうか。

本局は本日夕方から夜にかけて決着する見込みです。第1局とは全く異なる展開となった本局。両者の持ち味が存分に発揮される将棋となりそうで、目が離せません。

20200714.1.jpg
ちょっとしたミスもありつつも、初の封じ手を無事終えた藤井聡太七段(提供:日本将棋連盟)


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者