将棋情報局

激指15でマイナビ女子オープン第3局を検討してみた!

加藤桃子女流三段の超急戦が話題になった五番勝負第3局。この将棋を激指15で研究してみました!

5月12日に行われた、第13期マイナビ女子オープン五番勝負第3局。加藤桃子女流三段が西山朋佳女王を相手に研究を炸裂させ、わずか65手で快勝しました。

加藤女流三段の対三間飛車超々急戦、すごく優秀そうで是非使いたいものです。

%E6%80%A5%E6%88%A6.jpg
でもまだ書籍としてまとまっていないし……どう指したらいいか分からーん、という方もいらっしゃると思います。
そこで編集部で激指15を用いて検討してみました!(本記事では激指15を使用しますが、他の激指シリーズでも同様の使い方が可能です)
 

本当に優秀な作戦だったの? 棋譜を解析してみた!

研究に入る前に本当にこの作戦が成立していたのかを調べる必要がありますね。短手数で勝ったのだから優秀に決まってるじゃないか!と思われるかもしれません。でも、もしかしたら西山女王に大きな失着があって急転直下の決着だったのかも。そこで一局を振り返ってみましょう。

まず激指15を立ち上げたあと、中継サイトから棋譜を手に入れましょう。加藤女流三段の消費時間欄の左側に「棋譜保存」というボタンがあるので、それをクリック。すると新しいページが開くので、そのページ上でキーボードの「Ctrl+A」→「Ctrl+C」をして内容をコピーします。そして、激指15の上で「Ctrl+V」でペーストをすれば、棋譜を激指15が読み取ります。とっても簡単!

棋譜を取り込んだら解析をします。激指15の画面上部にある「解析(A)」→「棋譜解析(A)」をクリックすると、解析棋力を聞かれますので、一番強い七段+を選択し、OKボタンをクリック! 棋譜解析が始まります。本局の解析結果がこちら。

mjokaiseki.jpg

どうやら西山女王の56手目、△5三桂が敗着だったようです。思ったより序中盤は形勢に差がついていませんが、これは西山女王の受けが的確だったからでしょう。先手は微差ではあるものの、リードを保っているので、十分に成立している作戦と言えそうです。

検討モードを使っていざ研究!

さて、ここからが本番です。先ほどの棋譜解析ウィンドウを閉じて、「解析(A)」→「検討モード(K)」をクリックすると、評価値や候補手が表示されている、検討ウィンドウが出てきます。自由に駒を動かせるようになるので、気になる局面まで戻りましょう。

まずは13手目の▲4五歩に対する三間飛車側の対応は大きく2つあります。1つは本譜の△4五同歩、もう1つは△4三銀です。
mjo2.jpg

△4三銀に▲4四歩△同銀▲4五歩と一直線に攻めていくのは、△5五銀と銀がどんどん進出してきてうまくいかないようです。
mjo7.1.jpg
本当はここで▲5六歩△同銀▲3三角成△同桂▲2四歩△同歩▲同飛と行きたいですが、△3五角で王手飛車を食らって投了となります。
なので△4三銀には▲7八玉△4二飛▲3六歩△7二玉▲3七桂△8二玉▲5八金右△7二銀と進めて一局の将棋となりそうです。四間飛車に対する▲4五歩早仕掛けより先手は一手得しているので、これを生かす構想を考えたいですね。ここから先は皆さまのオリジナル研究で何とかしてください。
mjo8.1.jpg

 

西山女王が指した△4五同歩に戻ります。これに▲3三角成△同銀▲6五角までは当然こう進むところ。ここで激指15は△7二銀や△7二玉を推奨しています。
mjo3.1.jpg
本譜との違いは後々現れます。いったんは記憶の片隅に置いていただくだけで大丈夫です。本譜、西山女王は△7四歩としました。

 

少し進めて、図の局面、ここでは△3三角が有力そうに見えます。
mjo5.1.jpg
しかし、それには▲2一飛成△3一金▲同竜△同銀▲3四飛が好手順。△3二歩と受けるのも、△9九角成から攻め合うのも玉が戦場に近くて不安定な形です。 mjo6.1.jpg
よって、西山女王は△3三角ではなく、△1二角と打って受けたのだと思われます。

 

ここで、記憶の隅っこから先ほどの情報を引っ張り出してきてください。もし、△7四歩に代えて△7二玉だったらどうなるかというと……
mjo9.1.jpg
わずかではありますが、先ほどとは違い、後手に評価値が傾きました。△3二歩と受けておいて、玉の遠さが生きるのでしょう。△7二銀の場合も踏み込むのは少し損なようです。

では△7二玉の場合にはどうすればいいのかというと、△2二銀に踏み込まずに▲4五飛成とおとなしく竜を作っておくのが良いようです。
mjo10.1.jpg
激指15の評価値はほぼ互角ですが、飛車2枚と角2枚なら実戦的には居飛車指しやすいのではないでしょうか(居飛車党なので居飛車贔屓)。

 

まとめると

・▲4五歩に△4三銀なら穏やかな展開。すぐには潰せないので、陣形整備に入る
・△4五同歩なら角交換から▲6五角。△7二玉・△7二銀なら穏やかに竜を作っておく。△7四歩なら過激な順に踏み込む。

が良いかと思われます。この記事執筆により得た知見を活かして、早速対三間飛車超々急戦をネット将棋で使っていきます! 皆さまも参考にしてみてくださいね!
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。