将棋情報局

西山朋佳女王が里見香奈女流王将からタイトル奪取 第41期霧島酒造杯女流王将戦

獲得可能なタイトルは1つを残すのみ。奨励会三段リーグも好スタート

第41期霧島酒造杯女流王将戦三番勝負第3局(主催:株式会社囲碁将棋チャンネル)が11月1日に行われ、西山朋佳女王が里見香奈女流王将に勝利。2勝1敗でタイトルを奪取しました。

決着局となる第3局は振り駒の結果、先手番になった西山女王が得意の三間飛車を採用しました。対する里見女流王将は振り飛車党ながら居飛車を選択し、対抗形と呼ばれる戦いに。

中盤、里見女流王将が銀冠から穴熊へと組み換えようとする隙を突いて西山女王から開戦。盤上左辺で蓄えた駒を使って右辺の玉頭戦に持ち込み、一気に里見玉の囲いを弱体化させると、その後は一転、ゆっくりながら確実な攻めに方針転換。緩急自在の指し回しが冴えわたり、快勝となりました。

これで西山女流二冠は5月に里見女流五冠の挑戦を退けた第12期マイナビ女子オープン(主催:株式会社マイナビ)に続き、タイトル戦で里見女流五冠に2連勝としました。

また、現在進行中の第9期リコー杯女流王座戦五番勝負(主催:株式会社リコー)でも里見女流王座に挑戦中で、そちらも1勝0敗とリードしています。女流棋士ではない、西山女流二冠のような女性奨励会員に参加資格があるのは今までに出てきた3棋戦のみ。そのすべてのタイトルを手中に収めようとする勢いです。

さらに棋士を目指す戦いである奨励会三段リーグでは、現在3勝1敗と好位置に付けています。女流棋戦に三段リーグ、縦横無尽に活躍する西山女流二冠から目が離せません。

191105.jpg
西山朋佳女流二冠


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者