将棋情報局

「竜王」対「名人」 将棋界最高峰の対決が実現

豊島将之名人が木村一基九段を破って竜王挑戦を決める

現在、将棋界には8つのタイトルがあります。これらのうち特に序列が高いのが「竜王」と「名人」です。9月5日、第32期竜王戦挑戦者決定三番勝負で豊島将之名人が木村一基九段を2勝1敗で破り竜王挑戦を決めました。これによって、竜王戦は広瀬章人竜王VS豊島将之名人というカードに。将棋界最高峰の「竜王」と「名人」が七番勝負で戦うことになりました。

「竜王」と「名人」が番勝負で対決するのは、羽生善治竜王が佐藤天彦名人に挑戦した第76期名人戦以来、1年半ぶりとなります。

10月11、12日に東京都渋谷区「セルリアンタワー能楽堂」で行われる第1局を皮切りに頂上決戦が始まりますが、観戦のポイントはどこでしょうか?

広瀬竜王と豊島名人、ともに超一流の棋士ですがタイプはやや異なります。

広瀬竜王の武器は終盤力。「異能感覚」と呼ばれる独特の間合いと、詰将棋で鍛えられた寄せの力で、混戦から抜け出す強さは将棋界随一です。前期竜王戦で、羽生善治九段相手に見せた度重なる逆転勝ちは将棋ファンの記憶に強く印象づけられています。

一方、豊島名人のストロングポイントは緻密な序盤戦術。それまでやっていた棋士仲間との研究会を一切やめ、コンピュータソフトを使った序盤の研究に時間を費やしたことで正確無比な序盤の力を手に入れました。広瀬竜王も将棋年鑑インタビューで豊島名人について「ソフトを使った研究の優秀さを広めた一人」と評価しています。

終盤戦と序盤戦。互いに持ち味は異なるものの、得意戦法は「角換わり」と同じなのが面白いところ。今回の竜王戦でも「角換わり」の戦いになることが予想されますが、その中で序盤で豊島名人がリードするか、終盤で広瀬竜王がその怪力を発揮するか。

そのような視点で今回の七盤勝負を観戦してみるのもいいかもしれません。

竜王初防衛を目指す広瀬竜王、史上4人目となる「竜王・名人」を目指す豊島名人。2人の頂上決戦から目が離せません。

190906_2.jpg
広瀬章人竜王(右)と豊島将之名人


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者