将棋情報局

第1章 神武以来の天才 加藤一二三 6/全6回

棋界に現れた超新星・藤井聡太。歴代5人目の中学生棋士、そして最年少棋士として話題となった藤井は、デビュー後負けなしの29連勝をはじめ数々の記録を打ち立て、国民的スターへと昇りつめた。では、藤井をのぞく4人、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明の修行時代、デビュー後の活躍はどんなものだったのだろう。数々の資料をもとに検証し、藤井聡太のそれと比較してゆく。

苦節(?)14年 初タイトル「十段」獲得!

1968年度(昭和43)、第8期十段戦七番勝負。

前に立ちはだかるのは、これまでに5度、挑戦をはね返されている大山康晴。

「今回こそは」の気持ちで挑んだことは容易に想像できますが、それとは裏腹、出だし2連敗・・・最悪のスタートとなってしまいます。

しかし、当の加藤は「最悪」とは思っていませんでした。

第2局の打ち上げで棋士仲間、加藤より8歳年上の二上達也八段(当時)にビールを注いでもらった時に、ふとこう考えたといいます。

「今日は負けたけど十段になれる」

そして、この直感は現実のものとなります。

加藤は第3局、第4局を連勝し、スコアを2―2のタイに戻します。

続く第5局に敗れて2―3と後がなくなりますが、第6局、第7局に勝って念願の初タイトルを手にします。

 


ついに大山を破り初タイトルを獲得! 将棋世界1969年(昭和44)3月号より

同号より

 

二十歳で名人になるか、二十五、六歳でなるか。とにかく二十歳台で名人になるだろう。

大棋士・升田幸三の予言はこうでした。

名人ではありませんでしたが、加藤29歳、20台ギリギリでの戴冠となりました。

ただ、中学生棋士としてデビューし、18歳A級八段となって将来を大きく嘱望された加藤にしては、やや「大器晩成」という感が否めないのも事実。

戴冠が遅れた理由はひとつ。それだけ大山の壁が高かったのです。

 

念願の初タイトルは「十段」。では升田の予言にある「名人」に就いたのは果たしていつだったか。

それは、名人戦に出場すること3回目、加藤42歳の時。

1982年度(昭和57)第40期名人戦七番勝負、4勝3敗1持将棋2千日手(※持将棋と千日手は引き分け)、十番指しの激闘を制しました。

 

将棋世界1982年(昭和57)10月号より

 

初タイトルの十段、そして名人を含め前後に8期のタイトルを獲得した加藤。

棋界初の中学生棋士は、壮年期に入ってから大きく花開いたのです。

幾多の最高齢記録を樹立、ファンに愛され引退

最後に、全盛期を過ぎてからの加藤について触れておきましょう。

タイトル戦から遠ざかり、順位戦でも少しずつクラスを落としていった加藤でしたが、将棋への情熱は消えませんでした。

そして、名人経験者でありながら、順位戦をひとつずつ降級して一番下のクラスのC級2組まで戻った唯一の棋士になったのです。

筆者が特に感動を覚えるのは、数字にはならないこの記録です。

相撲の横綱は勝てなくなったら引退するよりありません。将棋にはそういう「ルール」はありませんが「風潮」としてはあり、例えば大山は「A級から陥落したら引退」を明言していましたし(実際に死去までA級を守り続けました!)、大山のひとつ前の第一人者・木村義雄十四世名人にいたっては、第11期名人戦で大山に敗れ、「良き後継者を得た」との言葉を残して引退してまったのです!

しかし加藤の考えは違いました。年に数局しか勝てないようになった70台になってからも、タイトル獲得に情熱を燃やし、盤の前に座り続けました。

結果、最高齢現役、最高齢勝利、最多対局数など、数々の勲章を手にし、ファンに大きな感動を与えて棋界を去ることになったのです。


加藤現役最後の対局。闘志は全盛期と変わることがなかった

~完~


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者