マナティ

楽しく学ぶ アルゴリズムとプログラミングの図鑑

この本では「アルゴリズムの意味」に注目して図解、解説していきます。難しそうに思えるアルゴリズムでも「意味」がわかれば、きっと「なあんだ、こういうことだったのか」と気持ちよく納得できるでしょう。 さらに、頭の中で意味が理解できただけでは手ごたえがないので、いろいろな「プログラミング言語」でのプログラムの書き方を用意しています。取り上げた言語は、JavaScript、PHP、C、Java、Swift、Python、BASIC、Scratchの8種類。「理解した通りにアルゴリズムが動くこと」を試して実感することができます。

森 巧尚(作) フリープログラマー。主にWebコンテンツやiPhoneアプリなどを制作。プログラミング書籍の執筆、関西学院大学非常勤講師、PCN大阪プログラミング講師も行っている。
パソコンの黎明期から30数年、いろいろなソフト開発に携わる。BASIC、マシン語、C、C++、Pascal、LISP、Python、Java、ActionScript、JavaScript、Perl、PHP、Objective-C、Swift、Scratchなどの言語で、ゲームソフト、音楽ソフト、教育ソフト、3Dソフト、Webアプリ、スマホアプリなどの開発を行っている。


まつむら まきお(絵) まんが家、イラストレーター。Adobe Flash(現Adobe Animate)やペンタブレットについてのテクニカル記事、書籍執筆も手がける。

成安造形大学イラストレーション領域教授。