アルゴリズムをイラストで理解しよう!『アルゴリズムとプログラミングの図鑑【第2版】』|Tech Book Zone Manatee

マナティ

アルゴリズムをイラストで理解しよう!『アルゴリズムとプログラミングの図鑑【第2版】』

「アルゴリズム」という言葉を見て、なんだか難しそうなイメージを持っていませんか?今回はそんな方のために「アルゴリズムの考え方が、イメージでやさしくわかる入門書」を紹介します!

新刊『作って学ぶ WordPress ブロックテーマ』
が期間限定30%OFF!

探索、交換、ソート…様々なアルゴリズムのしくみをイラストで理解しよう!

プログラミング言語は勉強したけどこういうときはどうやって書いたらいいのかわからない…そういう経験がある方はたくさんいるのではないでしょうか。
プログラミングの入門書を読んだから変数の宣言はできる、if文も書ける、for文も書ける…でも、「じゃあ今から数字の配列を小さい順に並べるプログラムを書いて!」と言われると…ちょっと難しい…そんな経験は誰でもあると思います。
実はプログラムの書き方を理解していても問題の考え方と手順がわかっていないと実装することはできません。
本書では最大値を取得、変数の値を交換する、並べ替える…など、代表的なアルゴリズムをわかりやすいカラーのイラストと図で学習することができます。
アルゴリズムはちょっと取っつきにくいかな、と思っていた方もこれなら楽しく学習できるのではないでしょうか。すぐにアルゴリズムを使う予定がなくても、空いた時間にちょっとイラストを眺めておくのがオススメです。

Python, JavaScript, Cなど、全8種の言語で実装しながら学べる!

イラストを見て概要を理解することは重要ですが、それだけでプログラミングができるようにはなりません。

イラストで勉強したようにコーディングすればいいといっても、なかなか難しいプログラミング…本当に理解できたのか自信がなくなってしまいます。
そこで本書では、アルゴリズムの図解とともに実際のコーディング例も併せて解説しています。
これによって、イラストでなんとなく理解する→実際に書いて身に着ける、という二段階でアルゴリズムを理解することができます。
さらに、この作例はよく使われるであろう8種類のプログラミング言語(Python, JavaScript, PHP, C, C#, Java, Swift, VBA)で書かれているので、まずは勉強中の言語で試してみてください。実行結果は同じになるので言語ごとの違いを見てみたり、触ったことがない言語に挑戦してみるのもいいと思います。

まとめ

本書は代表的なアルゴリズムをイラストと図で理解して、8つのプログラミング言語で実装して身に着けることができる書籍です。
最近はAtCoderKaggleなどの競技プログラミングのサービスが盛んなこともあり、アルゴリズムへの注目度はかなり高いです。
『アルゴリズムとプログラミングの図鑑第2版』はまずは概要を知りたい、競技プログラミングに挑戦したい、将来はプログラマになりたい、そんな方々の助けになる一冊になっています。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
詳細は以下のリンクからご確認ください。よろしければご購入いただければ幸いです。

新刊『作って学ぶ WordPress ブロックテーマ』
が期間限定30%OFF!

著者プロフィール