英文法の急所【文法編】第5集(81~100回)

英文法の急所

英文法の急所(文法96回)

2016.05.12 | 岩村圭南

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英文法の急所(文法96回)

知っておくべき英文法のポイント(急所)を確認しましょう。今回のポイントは、苦手な構文を克服する(5)「should, might, must, couldとhave+過去分詞の組み合わせ」です。1.~4.のモノローグを赤字に注意して読んでください。

1. You have a cold, don't you?
You should have gargled every day.
Remember when I told you to do that?

風邪を引いてるの?
毎日、うがいすればよかったのに。
そうするように言ったの覚えてる?

2. That's a beautiful outfit.
Where did you buy it?
It must have cost a fortune.

それきれいな服ね。
どこで買ったの?
きっとすごく高かったんでしょうね。

3. Where's that lottery ticket?
I have to find it.
I might have won the jackpot.

あの宝くじどこだっけ?
見つけなきゃ。
当たってたかもしれない。

4. You didn't pass the exam for a promotion this year?
I wish you had studied harder.
You probably could have done it.

今年の昇進試験に通らなかったって?
もっと一生懸命にやってたらね。
多分、合格してたのに。


▽続きを読む 全文閲覧には会員登録(無料)/ログインが必要です。


※本サイト『日刊 英語の筋トレ』の一部あるいは全部を著者、発行者の承認を受けずに無断で使用することは禁じられています。

続きをご覧いただくには、ログインが必要です。
通常月額有料サービスで掲載しているコンテンツを、
今ならマイナビブックスへの会員登録(無料)だけでお楽しみいただけます(期間限定)。

 33454_ext_06_0.jpg 特典として
 (1)電子書籍「本当に使える英単語・英文100 名詞編Part1」(定価540円)プレゼント!
 (2)その他の岩村圭南氏による電子書籍を会員特別価格でご提供!(最新刊を除く)


下のボタンよりお申し込み手続きを行ってください。

  • 会員登録
  • ログイン

あなたにおすすめの商品