京都であった泣ける話 <書籍+朗読ブック[梅原裕一郎 朗読]セット>|マイナビ出版ファン文庫Tears

tears

9784839975142.jpg

購入形態

書籍(特典付き)
1,562円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる

京都であった泣ける話 <書籍+朗読ブック[梅原裕一郎 朗読]セット>

著作者名:

ISBN:978-4-8399-7514-2

発売日:2021-01-14

ページ数:200ページ

京都を舞台に、12編の心にしみるアンソロジー

本商品は『京都であった泣ける話』(書籍)と収録作「たかだか百年」の朗読ブック[梅原裕一郎 朗読]のセット商品です。
※書籍のみをお求めの方はこちら

※朗読ブックのご視聴にはマイナビブックスへの会員登録が必須となります。ご購入時に必ず会員登録を行ってください。
※朗読ブックは発送商品ではなくブラウザ上でご視聴いただく商品です。詳細・ご視聴方法はこちらをご参照ください。


《ファン文庫Tears 朗読ブックについて》
本商品はブラウザ上で視聴できる動画ファイル(静止画+音声)として提供します。
音声データそのものはダウンロードできません。
ご購入後、マイページにアクセスし「ダウンロード」ボタンをクリックすると、動画ページのURLとパスワード情報をダウンロードできます。

※動画の購入・視聴にはマイナビブックスへのログインが必要です。会員登録されていない方はご購入時に必ず会員登録(無料)をお願いいたします。
※動画ページのURLとパスワードは本動画をご購入された方のみの権利となります。
※動画のダウンロード、URLやパスワードの第三者への開示、動画をYouTube等にアップロードするなどの行為は禁止しております。
※動画サービスは予告なく終了することがございます。予めご了承ください。

朗読ブックの使い方はこちら


※サイン色紙の受付は終了しました。

《内容》
日本の古都・京都を舞台にした12編の心にしみるアンソロジーです。

【一部あらすじ】
京都で『ぬい旅』/編乃肌
伏見稲荷大社に「ぬい旅」。千本鳥居を抜けた先で起きた小さな奇跡とは?

不味い大福売りの男/溝口智子
京都の甘すぎる大福を売り続ける陰鬱な毎日。そこに一つの出会いが訪れて……

サエコとシノブ/桔梗楓
美大に入学した紗子、学内で孤立する京都出身のしのぶに、なぜか惹かれていき……

たかだか百年/天ヶ森雀
「そうだ、京都に行こう」の一言で始まった小旅行が百年の時を超える旅になる。

しづ心なく/那識あきら
今も忘られぬ常寂光寺。桜の花びらが舞い散る中、二人はあの日を振り返る


【ほか7作品収録】
『そこにあなたという道標、そして縁』ひらび久美/『めぐるめぐるコンパス』貴船弘海/『京都仮想現実同窓会』神野オキナ/『思い出は本棚の中』杉背よい/『綺麗な言葉の裏側は』朝比奈歩/『ぶぶ漬け食べに、京都行こう』矢凪/『人形流し』鳴海澪

目次

『そこにあなたという道標、そして縁』ひらび久美

『京都で『ぬい旅』』編乃肌

『めぐるめぐるコンパス』貴船弘海

『京都仮想現実同窓会』神野オキナ

『不味い大福売りの男』溝口智子

『サエコとシノブ』桔梗楓

『たかだか百年』天ヶ森雀

『思い出は本棚の中』杉背よい

『綺麗な言葉の裏側は』朝比奈歩

『ぶぶ漬け食べに、京都行こう』矢凪

『人形流し』鳴海澪

『しづ心なく』那識あきら