碁空 in 978STORE

【電子囲碁書店 碁空(ゴクウ)】は、囲碁がもっと楽しくなる情報や商品を紹介するポータルサイトです

第5回 新刊案内!『勝率アップの特効薬! 囲碁・序盤の手筋』 オススメの読み方 まとめページで簡単に復習

『勝率アップの特効薬! 囲碁・序盤の手筋』が9月20日に発売されます。
本書は2010年に刊行し、大好評を博した『序盤の手筋』を再編集して文庫化したものです。
紹介している手筋はどれも実戦に頻出し、即効性の高いものばかりです。
丁寧な解説はもちろんですが、簡単に復習できるまとめページを作ってあります。
文庫本なので、手軽に持ち運べて、移動中や隙間時間でも上達できる一冊になっています。
碁空では、5回にわたり本書の内容の一部をご紹介します。

実戦で使えるレベルの手筋となると、どうしても知っておかなければいけない細かい変化があります。
前回ブログの内容も、すべてマスターするのは結構大変、と感じた方も多いのではないでしょうか?

身につけるためには復習が重要ですが、何回も読み返すのは正直大変です そこでオススメなのが、今回紹介する「まとめページ」です。
 

まとめ

1図(シチョウ関係)

190920_501.png

白3のシチョウが成立しない場合、テーマ図の黒1、3は有力です。

2図(黒満足)

190920_502.png

白1、3と謝ってくれれば、黒満足です。

3図(相場の進行)

190920_503.png

白1のグズミはがんばった受け方。
白7までは相場の進行です。

4図(準備不足)

190920_504.png

白1に黒2と切るのは、準備不足です。
白5、7と受けられるとうまくいかない。

5図(危険)

190920_505.png

黒△あたりに黒が控えている場合に、白2、4と抵抗するのは白危ない。

6図(備える)

190920_506.png

黒△に石が来た場合は、白1のトビや白a、黒b、白cのハネツギを急ぎたい。


大枠を把握できるように整理しており、重要な変化のみを抜き出しています。
このページを読んで、大枠に沿いながら「ここの変化はどうだったかな?」と考えてみてください。
忘れた変化のみを読み返すことができるので非常に効率的です。
まとめ図を見て、「ここはこうだったな」と変化を覚えていれば、実戦で使える武器を手に入れたと思ってください!



 

勝率アップの特効薬! 囲碁・序盤の手筋』は知らないと序盤で差がついてしまう手筋を紹介しています。
手の紹介から、どのような分かれになるのか、注意するべき変化まで丁寧に解説してあります。最後にはまとめページで重要事項を簡潔にまとめてあるので、読み終わった後には簡単に復習できます。


Amazon
マイナビブックス