碁空 in 978STORE

【電子囲碁書店 碁空(ゴクウ)】は、囲碁がもっと楽しくなる情報や商品を紹介するポータルサイトです

第3回 新刊案内!『勝率アップの特効薬! 囲碁・序盤の手筋』 二間ビラキをカモる手筋第二弾!

『勝率アップの特効薬! 囲碁・序盤の手筋』が9月20日に発売されます。
本書は2010年に刊行し、大好評を博した『序盤の手筋』を再編集して文庫化したものです。
紹介している手筋はどれも実戦に頻出し、即効性の高いものばかりです。
丁寧な解説はもちろんですが、簡単に復習できるまとめページを作ってあります。
文庫本なので、手軽に持ち運べて、移動中や隙間時間でも上達できる一冊になっています。
碁空では、5回にわたり本書の内容の一部をご紹介します。

前回は眼形を奪う手筋でしたが、今回は二間ビラキを屈服させて、自身の模様を広げる手筋です。
 

テーマ図6

190920_301.png
テーマ図5(第2回記事)と違い、今回は右辺に黒模様が広がっています。
状況が変われば、白△への攻め方や守り方も違ってきます。【黒番】

1図(カタツキ)

190920_302.png

今回は黒1のカタツキから仕掛けたい。
黒7と厚みを築き、黒模様を盛り上げる作戦です。
続いて─

2図(黒好調)

190920_303.png

白はまだ治まっていないので、白1、3と眼を確保するのが相場。
黒4と模様に芯を入れれば、黒好調です。

3図(強襲)

190920_304.png

2図の白3を手抜きすると、黒1と眼を取りにいきます。
黒7とコスめば、白はかなり危険です。

4図(必死にもがく)

190920_305.png

白2と抜いても黒3と引かれ、眼はできません。
白は生きるために必死にもがきます。
黒7のあと─

5図(つらい生き)

190920_306.png

白1、3と生きても、得られる実利はわずか。
黒は周りが自然に強くなったので満足です。


 

勝率アップの特効薬! 囲碁・序盤の手筋』は知らないと序盤で差がついてしまう手筋を紹介しています。
手の紹介から、どのような分かれになるのか、注意するべき変化まで丁寧に解説してあります。最後にはまとめページで重要事項を簡潔にまとめてあるので、読み終わった後には簡単に復習できます。


Amazon
マイナビブックス