978STORE

【978STORE キュー・ナナ・ハチ ストア】は市販書籍の電子版・電子オリジナル書籍・オンデマンド書籍が買えるお店です

20234_1050034_s.jpg

購入形態

EPUB
1,408円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

情報亡国の危機

東洋経済新報社

「外交とは情報戦争である」「情報なき国家は、頭脳なき国家」との認識が世界の常識となっている。情報史の権威が、日本の危機と今後の国家情報戦略のあり方を提示する。

情報立国への道を示す提言の書、インテリジェンス・リテラシーのすすめ

「外交とは情報戦争である」「情報なき国家は、頭脳なき国家」との認識が世界の常識となっている。外国による情報操作や世論工作が横行し、国家機密や先端技術情報の漏洩も止まらないなか、情報史の権威が、日本の危機と今後の国家情報戦略のあり方を提示する。
2009年、日本で初めてとなる「インテリジェンス学会」を立ち上げるた著者による、一般向けの啓蒙書・入門テキスト。

発売日:2010-10-06

目次

プロローグ インテリジェンスとの出会
――イギリス留学で受けた知的衝撃
第1章 イギリスに学ぶ情報立国のあり方
――情報先進国のインテリジェンス・リテラシー
第2章 インテリジェンスの常識に欠ける日本
第3章 インテリジェンスをいかに活用するか
――インテリジェンス・プロセスを知る
第4章 国家と企業の機密が狙われている
第5章 情報史から見える新たな歴史像
第6章 情報史学が拓く地平:日本と世界
エピローグ 学問としてのインテリジェンス
――なぜインテリジェンスを学ぶのか

絶賛!発売中!

書籍一覧へ