tears

購入形態

朗読ブック
3,850円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる

会社であった泣ける話[ファン文庫Tears朗読ブック]

本商品は『会社であった泣ける話』を朗読した音声データが視聴できるものです。


あなたが最後に泣いたのは、いつだったか覚えていますか?
本書は日々の生活で疲れているあなたに、一粒の涙を届けるために作られました。

収録されているのは、(悲しいのではなく)感動して泣ける珠玉の短編。
あなた好みのストーリーがきっと見つかるはず。

本書では「会社」であっったことにまつわるエピソードを掲載しました。
「働く」ということについて、共感できるお話がきっとあります。

<収録話>
すべての明かりが灯る夜(著者 杉背よい/朗読 夢咲叶)
おうちの卒業証書(著者 猫屋ちゃき/朗読 酒井孝祥)
自分の価値を決めるのは(著者 金沢有倖/朗読 月森梗心)
ある日、暗闇がおとずれ(著者 溝口智子/朗読 岡田昌宜)
俺は安藤課長を怒らせたい!(著者 南潔/朗読 藤井孝弘)
アリの巣にて(著者 鍬津ころ/朗読 かがみもえ)
企画室より愛を込めて(著者 石田空/朗読 月舞海玖)
カラスは舞い降りた(著者 霜月りつ/朗読 篠崎愛)
部長と南国花子さん(著者 一色美雨季/朗読 東條大輔)
すべては煙になり(著者 神野オキナ/朗読 撫養佑樹)
雨を泳ぎ、波紋を渡る(著者 澤ノ倉クナリ/朗読 阿部文香)





《ファン文庫Tears 朗読ブックについて》
本商品はブラウザ上で視聴できる動画ファイル(静止画+音声)として提供します。
音声データそのものはダウンロードできません。
ご購入後、マイページにアクセスし「ダウンロード」ボタンをクリックすると、動画ページのURLとパスワード情報をダウンロードできます。

※動画の購入・視聴にはマイナビブックスへのログインが必要です。会員登録されていない方はご購入時に必ず会員登録(無料)をお願いいたします。
※動画ページのURLとパスワードは本動画をご購入された方のみの権利となります。
※動画のダウンロード、URLやパスワードの第三者への開示、動画をYouTube等にアップロードするなどの行為は禁止しております。
※動画サービスは予告なく終了することがございます。予めご了承ください。

朗読ブックの使い方はこちら