碁空 in 978STORE

【電子囲碁書店 碁空(ゴクウ)】は、囲碁がもっと楽しくなる情報や商品を紹介するポータルサイトです

新刊紹介『置碁でわかる囲碁上達法 黒の作戦と白の意図』~「どう打っても良いです」なんてもう言わせない!~

8月13日発売。水間俊文『置碁でわかる囲碁上達法 黒の作戦と白の意図』の内容紹介です。

こんにちは。マイケルスコフィールドに改名したい編集部山本です。

今回は8月の新刊案内です!
水間俊文『置碁でわかる囲碁上達法 黒の作戦と白の意図』
t%E7%BD%AE%E7%A2%81%E4%B8%8A%E9%81%94%E6%B3%95.jpg

著者の水間先生は棋士になってから30年間、普及にも尽力されている先生です。
現在も日本棋院で初級・中級・上級のそれぞれに教室を持っており、いずれも人気コースになっています。

本書は置碁を題材に、囲碁の大方針を解説していく内容になっています。
細かい手の正解は置いておいて、「~考えて打っていくと良い!」というイメージです。

例を挙げていきます!

1.jpg

ここで黒はA~Cのどこに打つのが良いでしょう?
理由も一緒に考えてみてください!


↓水間解説の分かりやすさを見てほしいので、そのまま貼ります。
※見づらい場合は、クリックすると拡大できます

2.jpg


3.jpg


並の指導者では、「どう打っても一局です。好きなところに打ちましょう」
これで解説を終える局面でしょう。

そんな指導者にはこう言い放ってやってください。

「こんな解説で満足できるほど、俺たちは紳士じゃねえ」(言い過ぎ)

それが水間先生の手にかかれば

○模様の作り方
○相手の手につられないこと

という重要な考え方とともに、正解を明示してくれます。
 

棋士やトップアマの常識・専門用語を誰もが理解できるように翻訳しました


とおっしゃる通り、これまでか! というくらいわかりやすく解説されています。

基本的な解説の良さはもちろんですが、それだけで終わらないのが人気講師たるゆえん!

上のページにも載せた、○子局の打ち方という役立つ情報を散りばめてくれたり、


第3章『囲碁の病気診断』では、キャッチ―な言葉を使って、アマのやりがちな間違いを紹介しズバズバ切っていったり、

4.jpg
5.jpg

『ハメ手対策』という章を設け、一筋縄ではいかない置碁をサポートしてくれます!


6.jpg

7.jpg
水間先生は言語化能力が凄まじいです!
「これまで囲碁の本を読んでも理解しづらかった...」「初段を目指したい!」などいろいろな方に自信を持っておすすめできる一冊です!

Amazon
マイナビブックス