くらしの本棚

【筋トレ編】プロテインには頼らない! 体脂肪率16%の自然派美ボディー

ヨガ・セラティス・パーソナルトレーナーの西口さん。
トレーニングによって体全体がスッキリしたそうです。

本記事は『わたしたちの筋トレ』のPR記事として、Web向けに抜粋しております。

西口のぞみさんのプロフィールとMy Rule

プロフィール

Instagram ID    nozomi_n_ 
AGE                     33歳
筋トレ歴      8年 
積極的に鍛えた部位 お腹

筋トレを始めたきっかけ

もともとヨガやサーフィンをしていましたが、スポーツクラブで働きはじめたのをきっかけに、筋トレの勉強を開始。
パーソナルトレーニングをはじめ、本格的にボディーメイクに取り組みました。

筋トレを初めてよかったこと

筋トレを始めてから基礎代謝が上がり、食べてもすぐに太らない体質になりました。
また、体が軽くなったことで、何事にもアクティブに取り組めるようになりました。
kintorenisiguchi_001.png

My Rule1 飲み&食べ過ぎは3日以内に調整

筋トレ生活をしていても、好きなものは食べたいし飲みにだって行きたい!
だから我慢はしません。
その代わり、次の日は食事の量を減らしたり体を動かしたりと、3日以内に調整して体重を元に戻します。

My Rule2 正しい姿勢を常に意識する

普段から正しい姿勢を心がけ、誰かに見られているという意識を持って生活するようにしています。
猫背がコンプレックスでしたが、少し意識して姿勢を整えることで体幹が鍛えられて、体もスッキリします。

My Rule3 無添加食品を中心に食べ物から栄養を摂取

食事は加工されているものではなく、できる限り無添加に近いものを選んでいます。
オーガニック野菜と卵を宅配で毎週届くようにしていて、サプリメントに頼らず食べ物から栄養を摂ることを心がけています。

筋トレ法

腹筋エクササイズ

kintorenisiguchi_002.png
1 マットの上に仰向けに寝て、手を頭の後ろで組む。
脚を揃えてひざを90度に曲げ、息を吐きながら上体を起こす。息を吸いながら、上体を元の位置に戻す。これを10回行う。
2 余裕があれば、両脚を斜め45度に真っすぐ伸ばし、1と同様に上体を起こす。これを10回行う。
3 2の状態で、左ひざと右ひじを近づけてお腹をひねる。同様に右ひざと左ひじでも行う。これを10回行う。

ヒップアップエクササイズ

kintorenisiguchi_003.png
1 マットの上に仰向けに寝て、脚を腰幅程度に開く。両手は床につける。
脚を揃えてひざを90度に曲げ、息を吐きながら上体を起こす。息を吸いながら、上体を元の位置に戻す。これを10回行う。 2 ゆっくりと息を吐きながらお尻を上げる。
この時、肩からひざまでが一直線になるように意識する。
お尻を上げ切ったら、ゆっくりとお尻を下ろす。これを10回行う。
3 うつ伏せになり、かかとを合わせる。
息を吐きながらかかとを押し合わせ、お尻の筋肉を意識しながらひざを真上に上げる。
息を吸いながらひざを下ろす。
これを10回行う。

筋トレの効果を高めた食事

栄養バランスを考えた毎日の朝ごはん

kintorenisiguchi_004.png
家では白米、味噌汁、納豆を必ず食べます。
卵や納豆でたんぱく質を補い、サラダやフルーツでビタミンやミネラルを摂取。
栄養バランスを考えながら、健康を意識したメニューを心がけています。

ランチタイムには大好きなパン

kintorenisiguchi_005.png
パンは糖質の高さが気になりますが、サンドする具材を工夫することでヘルシーにしています。
不足しがちな野菜や果物と組み合わせて食べれば、ビタミンやミネラルも補給できます。

惣菜に頼ってもOKのおうちごはん

kintorenisiguchi_006.png
時間がない時は、市販の惣菜にも頼ります。
全部が市販品だとバランスが偏るので、味噌汁を作ったりたんぱく質やミネラルが摂取できる野菜料理を1品足したりと、工夫をしています。

毎日食べても飽きない!旬がいっぱいのサラダ

kintorenisiguchi_007.png
生野菜は、筋トレには欠かせないビタミンを補給することができます。
野菜やフルーツは、旬の時期に最も栄養価が高くておいしいものを食べられるので、サラダだけでなく料理にも取り入れます。



本記事は『わたしたちの筋トレ』のPR記事として、Web向けに抜粋しております。

プロフィール