くらしの本棚

56610_ext_02_0.jpg

第12回 25年ぶりの挑戦!大人リュック

私のおしゃれの勉強法は、街を歩くおしゃれな人を見つけることです。若い方や年上の方で、取り入れたいなと思うおしゃれをみつけるとうれしくなります。この連載では、私が街でみつけた「おしゃれ」を紹介したいと思います。

最後にリュックを買ったのは、大学生の頃なので25年前です。(四半世紀も前!)通学にも遊びにも、富士登山にも使えるサザビーで買った黒いシンプルなリュックがお気に入りでした。

その後リュックから遠ざかっていたのは、大人っぽくおしゃれに着こなせるコーディネートのイメージが作れなかったからです。当時は少しでも社会人らしく見られたいのに、リュックを背負うと学生っぽく見えてしまうので使わなくなってしまいました。さらに、結婚して母になってからも、リュックは遠ざけたいアイテムでした。小さな子供がいてリュックを背負うと「子育てが大変そうなお母さん」に見られる気がして、いやだったのです。「自分のおしゃれも楽しんでるお母さん」でいたかったので、大きめのマリメッコのトートバッグがお気に入りでした。

そして40代になり、いつも布のトートバッグではカジュアルすぎるので仕事への打ち合わせなどにはきれいめの革のバッグを愛用しています。きちんとした大人の革バッグを手にいれると、次は違うイメージのものが欲しくなる天邪鬼な私は、ここにきてリュックを新鮮に感じるようになりました。45歳のおばさんまっしぐらな私にとって、リュックが持つ若々しいアクティブなイメージが、いまの自分に足らないものかも!と思ったのです。

171.jpg

CASUAL:小さな旅にぴったりのらくちん&アクティブスタイル。リュックならおみやげをたくさん買っても大丈夫!ブルーのソックスを差し色にしてうきうき。
KIREIME:ノートパソコンを入れられるポケットもあり機能的! ベージュ×黒の色合わせは大人っぽくてお気に入り。カラータイツとバレエシューズで女性らしいものを合わせてバランスを!

25年ぶりに自分用のリュックをさがしてみました。

私の選ぶ基準は、

1.色は何にでも合わせられる黒、
2.長く使える定番ブランド、
3.カジュアルにもアウトドアにも、チョイきれいめにもコーデして違和感のないもの、
4.大学生の娘が持っても、おじいさんが持ってもしっくりくる性別を問わないエイジレスなもの

の4点でした。

175.jpg

私のリュック探し◯年齢、性別を問わないもの ◯色はなんでも合わせられる黒 ◯長く使える定番ブランド ◯カジュアルにもちょいキレイめにも合わせられる
ARBOR PACK:パタゴニアはデザインもイメージも古くならない!
day pack:定番の憧れブランド。黒に革のアクセントが好み!
HOT SHOT:ポケットがいっぱいあって収能力もばつぐん! ごつめのデザインがカッコイイ ←これに決めました。すてき
METRO:すっごくかわいくておしゃれ! ただ女性っぽいデザインなので息子は使えなさそう・・・

各ショップに試着にもでかけ、悩みに悩んで最終的に決めたのは一番条件に合っていたノースフェイスのホットショット。自転車に乗るときはもちろん、街に出かけるときにも愛用して、アクティブに見える(であろう)自分を楽しんでいます。単純なもので、リュックが似合う山や公園に、行きたくなったりもするので、結果的に本当にアクティブな自分になってるので買ってよかった!
この先、私がこのスタイルに飽きたとしても、子どもたちにも好評だったので、誰も使わないタンスの肥やしにはならなくてすみそうです。

新刊『色を楽しむ大人のおしゃれ』が発売になりました!

この連載の記事も収録されいます。
書店やネット書店で、ぜひご覧くださいね。

『色を楽しむ 大人のおしゃれ』

173.jpg

プロフィール

堀川 波(著者)
1971年大阪生まれ。大阪芸術大学卒業。おもちゃメーカー開発部勤務を経て、絵本作家・イラストレーターに。著書に『女おとな旅ノート』(幻冬舎文庫)、『40歳からの「似合う」が見つかる 大人の着こなしレッスン』(PHP研究所)、『大人のおしゃれの新しい買い方』(KADOKAWA)、『暮らしのおくりもの』(KKベストセラーズ)など多数。
この連載記事も収録されている新刊『色を楽しむ 大人のおしゃれ』(マイナビ出版)が発売中。
http://instagram.com/horikawa._.nami