くらしの本棚

56326_ext_02_0.jpg

第1回 甘酢で煮るだけ! 「鮭のマリネ」

すみや・角田真秀さんが「さしすせそ」の基本調味料だけで作る、シンプルなご飯をご紹介します。

鮭、といえば朝食の焼き鮭が定番ですが、同じ銀鮭の切り身を使って作れる、マリネのレシピです。
マリネ、というと揚げて漬ける、手のかかるイメージがありますが、このレシピは甘酢で煮るだけ。
温かいままでも、冷たくしても、おいしく召し上がれ、少し多めに作って常備菜にするのもおすすめです。
ご家庭で、魚を上手に焼くのは、案外難しいもの。技術も必要ですし、後で室内に匂いが残るのも気になります。
なにかほかにもっと魚を手軽に食べられる方法はないかなと考えたのがこのレシピでした。
計量さえしてしまえば、およそ6分でできあがってしまう手軽なレシピです。
お酢は火にかけるとまろやかな酸味にかわり、酸っぱいものが苦手な方でも抵抗なく召し上がっていただけます。
これから暑くなる季節におすすめなのは、鮭マリネの身をほぐしてフレーク状にしたものをご飯に混ぜて作る「鮭マリネおにぎり」。
酢飯のような感覚でさっぱり食べられます。

01-01.png

鮭のマリネ

鮭を甘酢でじっくり煮た、
ふっくら柔らかいマリネ。
鮭は手頃なもので十分おいしい。

材料 2人分

甘塩銀鮭----2切れ
酢----180ml
砂糖----大さじ2
梅干し----1個
しょうが----1かけ

作り方

1.鮭はキッチンペーパーで水けをふき、小骨を取る。しょうがは薄切りにする。
2.鍋に酢、砂糖を入れて弱火にかけ、砂糖が溶けたら、いったん火を止めて鮭を並べる。ちぎった梅干し、しょうがを加えてふたたび弱火にかけ、6分ほど煮る(写真)。火を止め、そのまま冷ます。

01-02.png

プロフィール

すみや 角田真秀(著者)
「すみや」としてケータリングや料理教室などを中心に活動する。誰でも安心しておいしく食べられ、心もからだも休まるごはんを作りがモットー。
http://sumiya-nikki.blogspot.jp