くらしの本棚

購入形態

PDF
1,140円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
>>電子書籍の読み方はこちら<<

1日1つ、手放すだけ。好きなモノとスッキリ暮らす

マイナビ出版

人気ブロガー・みしぇるさんの、家族と自分が心地よくすごすためのアイデア集。

かさばりがちな食器、着ない服が食器棚やクローゼットに眠っていませんか?

やらなきゃと思いつつ、つい面倒と感じてしまうモノの処分。モノを処分する習慣は、1日に1つモノを捨てるところからスタートしましょう。

まずは財布に入れたままのレシートから始めてOK。“捨てグセ”が身に着けば、スッキリとした気持ちの良い暮らしが手に入ります。

また手放し方と同時に、モノの愛で方も大切なポイント。モノを買うときのポイントや、買った後にどのようにしてそのモノを使い、自分の生活をより良くしていくのかを紹介します。モノをためない&もっとモノを大切にできるようになる1冊です。

発売日:2017-09-26

ページ数:128ページ

目次

はじめに
モノが少ないわが家をご紹介

◆Part1 モノの手放し方

【モノを手放す理由】
家が散らかるのは、モノが多すぎるから
1日ひとつ、何でもいいから手放すクセをつける
 ―何も捨てられない日は、レシートでもOK

【モノを手放すメリット】
掃除がラクになる
時間にゆとりが生まれる
暮らしと心にゆとりが生まれる
放てば手に満てり

【手放す方法】
手放すときはシンプルに考える
手放した心地よさを味わい、自分を褒める
先に外枠を決めてしまう
家族のモノには基本的にノータッチ
なかなか手放せないときは

【やってみよう!】
まずは思い入れの薄い所からスタート
 財布
 かばん
 文房具コーナー
 玄関
 洗面所
 本棚
 キッチン
 クローゼット

【1日1捨てを続ける工夫】
目指す暮らしを設定する
「捨て」を促す仕掛けを
手放したら記録する
スマホのカメラは魔法の道具
オータムクリーニングで総点検

Column1
私の1日1捨て

◆Part2 モノの愛で方

【好きなモノを愛でる方法】
1日1度、愛でる時間を持つ
 朝/昼/夕方?夜
子どもたちは愛でる天才
しまいこまずにどんどん使う
モノだけでなく「コト」も愛でる

【モノの選び方】
ピンときたものはサクッと買う
好きなモノは定番化する
持たないモノ、買わないモノを決める
毎週金曜日は花を飾る
時短グッズもお気に入り
「適量」をキープする
 私の適量=そのとき必要な分だけ買う
 洋服
 靴
 バッグ/アクセサリー
 タオル類/趣味関係
 キッチン用品

Column2
 1日1捨てにトライ!

Column3
 母から継いだもの

◆Part3 シンプルに考える

いらない思考は手放す
固定観念にとらわれず、余計なコトはやらない
一番大切なのは、機嫌よくいること
家族にも寄りかかりすぎない
モヤモヤが続くときは
直感を信じる

Column4
 みんなの1日1捨て

チェックリスト
おわりに

著者プロフィール

  • みしぇる(著者)

    1978年、山形県のお寺生まれ、神奈川県在住。5人家族で、3人の子どものママ。主婦暦は17年。関西外国語大学で英米語の学士号を取得後、国際結婚をする。夫の転勤により、これまでハワイ、神奈川県・葉山、カリフォルニアなどさまざまな土地で暮らした経験をもつ転勤族ファミリー。「もっと身軽に、シンプルに、そして楽しく」をモットーに、シンプル&ミニマルな暮らしを実践中。