WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年10月号

座談会(2) AIビジネス化の本命はスマートスピーカーってホント? Web制作会社×エンジニア×AIプランナー

座談会の前半では「AIを活かす」、すなわちAIビジネス活用のポイントが「スマートスピビジネス活用のポイントさらには実践のためのヒントまで、話は膨らんでいきます!

82912f269c4122932559a6837819c1cf.jpg
岩井和希_Kazuki Iwai
ILY. (株) 取締役。経営/戦略/マーケティング/ITのコンサルティングを行い、企業理念や戦略の立案から、サービスの立ち上げ、組織/業務プロセスの改善などを実現
3458ba4946b826526e2c32036e946fa0.jpg
大内遙河_Haruka Ohuchi
ILY. (株)チーフコンサルタント。理学博士、専門は宇宙物理学。主にスタートアップの分野でデータサイエンスとデザインを武器としたサービス開発に携わる。ILY. ではリサーチからUX設計、戦略立案などを行う
17325e70976a19a53bdd9aa031dbb8c9.jpg
前川和浩_Kazuhiro Maekaw
(株)テックビーンズ。26歳でIT業界へ入り、エンジニアとしてのキャリアをスタートさせる。2015年にテックビーンズを設立。受託開発と自社開発の両方を進めている
c8fee1db0d0c1e4b8b871ca72bcc18cf.jpg
中村健太_Kenta Nakamura
(株)レッジ。株式会社レッジのCMO。現在はAIコンサル事業の統括および企画プロデュースのマネジャー活動している

 

普及が進むスマートスピーカー

─ さて、座談会の前半では近い将来、ビジネス化しそうなものとして「スマートスピーカー」を活用した「音声AI」が挙がりました。その理由は何でしょう

岩井 スマートスピーカーの販売がすでに行われていて、一般家庭に向けた普及が進んでいるというのが一つの理由です。現状、日本国内の普及率はまだ10%未満ですが、アメリカではすでに20%もの家庭にスマートスピーカーがあります※1。ここまでの普及の速さは、iPhoneとほぼ同じなんだそうです。

※1 アクセンチュア「デジタル消費者調査 2018」、米COMSCOR社「Smart Speaker Pene tration Hits 20% of U.S. Wi-Fi Households」

─ 端末が普及すれば、企業も注目するでしょうし、必然的にニーズは高まりますね。

岩井 日本でも同じように普及が進んでいくかはまだわかりませんが、IoT用のデバイスとして使われたり、車の中で使用されるケースが増えてくるだろうと考えると、この数年のうちに状況が大きく変わるだろうと。

─ 代表的な製品としてはAmazonの「Echo」、Googleの「Google Home」、さらには最近発売されたAppleの「HomePod」といったところでしょうか。

岩井 アメリカのシェアを見ると、2014年に発売されたEchoが一歩リードしているんですが、最近はGoogle HomeやHomePod、そして中国系メーカーの製品が猛烈にシェアを伸ばしています※2。

※2 Strategy Analytics「Strategy Analytics: Amazon’s Global Smart Speaker Share Falls Below 50% in Q1 2018 as Competition Heats Up」より

─ ではそのスマートスピーカーを、制作会社はどんなふうに活用すればいいのでしょうか。

岩井 スマートスピーカーには、スマートフォンのようにアプリを追加することができるんです。それを「スキル」と呼ぶ(Echoの場合。Googleは「アプリ」と呼んでいますが、本記事では「スキル」と表記します)のですが、そのスキルを企業の課題解決に活用したり、サービスに活用したりといったことができるんです。

中村 ただ、現状では面白いスキルってほとんどないんですよね。雨音を流すだけとか、銀行口座の残高を教えてくれるだけとか。

大内 何ができるか、とりあえず試しにつくってみたようなスキルが多いんですよね。だから仕組みもシンプルで、語りかけたことに対して、一つ答えを返すようなものにとどまってしまっているんです。

─ 確かに、まだこなれていない印象があります。

大内 そこに一つ、工夫を加えるだけでも、もっといいものができるようになると思うんです。例えば「なんか暑いなあ」と発話したら、その時の温度や湿度によって、冷房か除湿かを自動で決めてくれるとか。

f3092b183d515a3d789b9b42d94074b7.jpg

 

今のスキルは面白くない

岩井 ただ、そういったアイデアを実現できない理由もあるんです。僕らの周りでは「隠し機能」なんて呼んでたりするんですが、スマートスピーカーの今の技術でも十分に実現できるのに、あえて制限しているだろうと思われる機能がたくさんあるようなんです。

大内 例えば、スマートスピーカーの前で会話している内容を聞き取って、その内容に沿ったアドバイスをするといったことはできませんし、連続した会話の中身をデータベースに保存して学習するような機能も使えない。これらは、あえて使えないようにしてあると言われています。

─ そういった機能は将来使えるようになる見込みはあるんでしょうか?

中村 具体的にはわかりませんが、スマートスピーカーが一般化して、ユーザーがより多くの機能を求めるようになったところで、使えるようにしていくつもりなのかもしれませんね。

岩井 EchoのAIアシスタント「Alexa」には、外部のデータベースにデータを見にいく機能があるんですが、この機能、リリース当初は使えなかったんです。それができるようになったので、先程中村さんが話していた、銀行口座の残高を確認するスキルが作れるようになったんです。その他にも、アメリカなどでは、いちいち「Alexa」と呼びかけなくても、連続して会話をする機能が解放されたので自然な会話ができるようになっています。

大内 Google Homeの場合、個人を認識する機能が解放されましたね。例えばお父さんが問いかけた場合と、お母さんが問いかけた場合、子どもの場合で、答えを変えることができるようになった。

岩井 個人に関する情報というと、現状ではアメリカ限定ですが、Alexaに任意の情報を登録できるようになりました。例えば、奥さんの誕生日や結婚記念日をあらかじめ登録しておくと「結婚記念日いつだっけ」といった質問に答えてくれるようになったんです。

─ そう聞くと、機能が解放されるに従ってかなり可能性が広がっていく印象を受けます。将来的にはどんなことができるようになると考えますか?

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年10月号

Web Designing 2018年10月号

2018年8月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

課題別・AIの導入から活用まで超実践ノウハウを凝縮!

サンプルデータはこちらから

---------------------------------------------
【今】
【ビジネス活用】
【課題解決】

超実践的・AIのビジネス導入ノウハウの決定版!
---------------------------------------------

AIが注目されはじめてからはや数年。
AIは「知る/理解する」段階から「利活用する」段階へと移行し始め、ビジネスに導入しようとする動きが活発になってきました。
一方で、いかに自社のビジネスに合った使い途があるのかを見極めるのが難しいという声があるのもまた事実。
自社の持つデータでAIをフル活用、作業効率化はAIで実現…などと考えてみるものの、課題解決も手段として
うまく結びつかずに思考停止してしまうなんてことが多いのもまたいまの現状ではないでしょうか。

本特集は、「いま」「ビジネス活用」「課題解決」をキーワードに、ビジネスにAIを導入するための考え方と方法を紹介します。
さらに、Webビジネスと親和性が高いと言われるチャットボット、今後ビジネス活用が期待される音声AIについて、
課題解決という点から事例を添えながら具体的に解説します。
最先端のAIを理解しながらも、ビジネスに活かすための知識を得る。本特集を通じて、AIについてもう一歩先の理解をしてみませんか?

●これってAI? Q&Aで把握する「AI理解度」
●未来ではない”いま”のAI 
●データで知るAIビジネス活用のいま

■課題から見る”使える”AIサービス_ビジネス導入のポイント
●チャートで理解してみよう「ビジネスとAIの相性/相関図」
●課題ありきで考える、いま使えるAIサービス
●AIを自社ビジネスに落とし込むための「3つのポイント」

■Webビジネスで使えるAI(チャットボットと音声AI)
●音声AIを知らずしてビジネスは語れず
●音声AIがビジネスで解決できること
●音声UIの考え方とスキル制作のポイント

●チャットボット導入のメリット
●チャットボット導入のプロセス
●チャットボット制作のコツとワザ

●AI人材、どう育てる?


<こんな方にオススメです>
■周り(上長)がAIと騒いでいるが、正直未だはっきりわかっていない
■競合がAIを導入したと聞いて、対抗しなくてはいけない
■未だに「自分たちの仕事が取られるのでは?」と戦々恐々としている
■とは言ってもまだまだ、中小企業の自社では予算もないし先の話だと思っている
■AIを導入すればなんでもできるようになると思っている
■Webサイト運営に効果的なAI活用を知りたい

10月号特集内のP058におきまして、AI Startup Studio by LedgeのURLを誤って記載しておりました。以下に訂正するとともに、読者のみなさまならびに関係者のみなさまに深くお詫び申し上げます。

AI Startup Studio by Ledge
https://www.ai-startupstudio.ai/

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています