WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年8月号

[2-3]ペルソナに対して最適な集客手段を選択する Part.2 採用マーケティング

自社を知ってもらう段階では、「しっかり」知ってもらうというより、どこかで聞いたことがある、くらいの状態をつくりましょう。徐々に、ゆっくりと候補者へとなってもらうようにします。

分母ではなく、分子を増やす集客を!

「認知」フェーズで、候補者にリーチができ、自社のことを知ってもらえたら、次は「集客」フェーズです。採用に苦戦している場合、集客=“とりあえず”大手のナビ媒体、となっていませんか? ナビ媒体は、数ある集客手法の中の一つ。ペルソナにマッチした集客手法が何かを考えて使っているでしょうか?

大手のナビ媒体は、知名度があることから登録人数が多く、母集団形成ができると考えられますが、大事なのはペルソナにマッチした候補者の数です。1,000人のエントリーがあっても、ペルソナにマッチした候補者が0人だと意味はなく、5人しかエントリーがなくても、全員がペルソナにマッチするなら、そちらのほうが良いということです。

要は、分母よりも割合が大事であり、それが最大となるように、ペルソナにマッチした候補者を集客できる手法を探しましょう。ペルソナの職種がエンジニアなら、エンジニアに特化したナビ媒体や、エンジニアがよく閲覧するメディアへの広告、自社プロダクトの技術に関するセミナーのほうが、大手のナビ媒体よりも効率的になる可能性があります。

“集客=母集団形成”という従来の概念をいったん取り払ってみましょう。

 

採用サイトはトリガー(きっかけ)として活用する

では、マイナビやリクナビに代表される大手のナビ媒体は、どのような使い方が適しているでしょうか。

テレビCMをはじめ、マス広告を積極的に行っているため、知名度が高く、登録人数が多い特徴があります。そのため、割合は重視しつつも、やはり母集団形成をして徐々に絞り込みたい場合や、ペルソナの条件が比較的ゆるやかな場合はいいのではないでしょうか。

ナビ媒体にも多くの種類があり、業種や職種を限定したもの、一定以上の役職や条件に限定したものもあります。掲載内容もさまざまで、具体的な業務内容や入社条件を記載するものもあれば、ビジョンに重きを置いたものもあります。ナビ媒体はひとくくりにはできない点もあわせて押さえておきましょう。

採用サイトを有する会社も多く見かけます。よくある誤解が、「ナビ媒体を使ったが採用できなかったので、ナビ媒体をやめて、採用サイトで集客したい」というものです。採用サイトがあったとしても、ペルソナにマッチした候補者にリーチできなければ意味をなしません。採用サイトは集客そのものに有効というものではなく、候補者に認知され、より関心をひくためのツールです(01)。

3e71e0811d4f9dcc1deb1e27e2f5ca43.jpg
01 大手ナビ系や採用サイトの使い方
採用サイトそのものを「集客」ツール化するより、ゆるやかな「ハブ」くらいの位置づけで運用した方が機能しやすいでしょう

採用サイトで多くの会社が設けているのは、「社員の声」のような社内メンバーにフォーカスしたものです。実際に働くメンバーの人となりや雰囲気が伝わるものですので有効でしょう。ただし、会社の宣伝・PRが色濃くにじみ出ている内容もよく見かけます。候補者が知りたいのは、社内メンバーの本音、「生の声」です。採用サイトは当然ながら宣伝・PRツールの一つですが、それが前面に出すぎると、逆効果になる点は注意しましょう。

「社員の声」のようなコンテンツは、自社のメンバーにとっては、「会社の代表として掲載された」といった嬉しさにもつながります。メンバーが自発的にSNSでシェアをすれば、「認知」の効果も期待できます。

 

ダイレクトリクルーティングやエージェントの活用も主流

他の集客手段としては、ダイレクトリクルーティングがあります。ダイレクトリクルーティングとは、企業が積極的に候補者に働きかける手法です。例えば、ナビ媒体の登録者へのスカウトメールや、勉強会などのイベントを通じて接点を持った候補者への連絡、SNSなどを活用したスカウトなどがあります(02)。

6cb40ffce58e31107e9b8a7383ca0012.jpg
02 ダイレクトリクルーティング
大手ナビや自前の採用ページではたどりつけない潜在採用層に、積極的にアタックできるメリットがあります

例えばスカウトメールで、レスポンス率に大きく違いが出るのが「あなたに向けて送っています」という差別化を示したかどうかです。自社のスカウトメールに気づき、読んでもらい、関心を持ってレスポンスをしてもらうには、メールの内容がテンプレートに沿って、大量に一括送信していると見受けられれば、読まれるチャンスを逃してしまいます。あらかじめ送る候補者の経歴や今後積みたい経験などをしっかり把握した上で、「なぜあなたにスカウトメールを送ったのか」「どういう点が自社とマッチしているのか」などを記載します。

その他、エージェント(人材紹介会社)を活用する手法もあります。ペルソナや自社についての情報をしっかりと伝えましょう。エージェントも紹介先が一社ではないため、エージェントにも自社の認知や魅力を感じてもらい、「○○社に紹介したい」と思ってもらう必要があります。自社についての情報(採用サイトやパンフレット、PR資料など)をわかりやすく伝えましょう。紹介を受け、面談をした後は、フィードバックを丁寧にします。ペルソナとマッチしていた点やズレがあった点はどこだったか、候補者のどういうところを重視して面談しているのか、などを伝えれば、次の紹介のマッチング精度が上がり、効率的になります。

エージェントも、業種・職種、役職や条件によって限定しているところもあります。転職活動をしていない人材の中で、ペルソナにマッチした人材を調べ、個別にアプローチを行う「サーチ型(スカウト)」もあります。ペルソナに適したエージェントを探していきましょう。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年8月号

Web Designing 2018年8月号

2018年6月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

IT人材の採用は、将来を左右する最大の経営課題だ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「売り手市場」でも採れる方法はある!
採用 最新必勝ノウハウ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんなお悩みを抱える方、必読です!

「求人広告を出しているが、応募がない」
「雇ったのに、すぐに辞められてしまう」
「求人広告費に多額の予算をつぎ込んでいるが、成果がない」



最近、「企業が大学生どころか高校生にまでアプローチしている」という記事が新聞に載り、衝撃を受けた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
人材採用は、そこまで深刻な課題となっているのです。

そして、現場は「人手不足」が憂慮すべき問題になっています。
自社の将来を担える人、自社の成長の力となってくれる人、今のプロジェクトを成功させるためのスキルを持つ人が欲しい…職種・業種・役職は違えど、みなさんが直面している悩みではないでしょうか。

時代はデジタル全盛時代。新卒者、転職者限らず情報が身の回りに溢れ、SNSのような新たなコミュニティの文化が育っている昨今、今までの採用方法にこだわっていては望む成果は得られません。

しかし、そんな「IT時代」の「売り手市場」でも、求める人材を採用する方法はあります。その1つが「マーケティング」の知識です。
自社の存在を知ってもらい、自社のビジョンを的確に伝え、共感してもらい、
確度の高い採用候補者にアプローチし、入社してもらう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「お客様に知ってもらい、買ってもらい、ファンになったもらう」マーケティングの知識が十分に活かせます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


本特集では、IT系人材を採用するための最新ノウハウを詰め込みました。また、昨今の採用にまつわる動向、制作会社との関わり方、ダイレクトリクルーティングやHRテックの最新情報などもふんだんに掲載。

経営者、人事担当者はもちろん、マーケティングやクリエイティブ部門の方も将来の心強い新戦力を迎えるために、ぜひご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●こんなことでお困りじゃないですか?「採用あるある」
1つでも「あるよなあ・・・」と思ったら、本特集を読むべし!

●なぜ、あなたの会社の採用はうまくいかないのか?

●採用はマッチング。だからマーケティングのノウハウが生きる。

●【募集要項をつくる】
 どんな人が、なぜ欲しいのかを決める。「募集要項」は採用活動のための最重要ポイントです。

●【採用マーケティング】
 採用したい「人材」に自社を「好き」になってもらうために。ペルソナを念頭に、マーケティングの観点で取り組もう

●【入社してもらう】
 自社にマッチした人材と出会い、入りたい企業だと思われるためのノウハウ

●大手就職情報サービスに聞く 売り手市場で成果を目指せ! 中途採用の現場

●[3年単位で実施して][ぐっと成果を引き寄せる!]最適なインターンシップの実現方法

●求職者の気持ちを「おっ!」と惹きつける 採用サイトに必要なクリエイティブのポイントとは

●AIが変える採用のかたち


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<こんな方にオススメです>
■応募者を募るため、とにかく広告費にお金を注いでいる
■応募があっても面談キャンセルが多い
■エントリーは多いものの、説明会後の実応募がすくない
■会社説明時、応募者に「そんな事をやっていた会社なんですね」と驚かれる事が多い
■内定者に辞退されてしまう
■求める人材像は「明るい・元気・素直」
■最終面接に残る人材のタイプがばらばら
■役員に聞いても、現場に聞いても、いま必要な人材像が見えない
■採用活動に社長は関わらない
■採用ツールに一貫性がない

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています